湧き出てくる負の感情を減らす方法とは?

私たちが

この世に生まれてきたのは

魂の進化のためです

 

魂が進化する過程には

いろいろなパターンがあります

 

人の体験や話から学び取れる人もいるし

嫌な出来事を通して

その中から学び取って進化をすることもあります

 

嫌な出来事を通して学ぶとき

当然負の感情が沸き上がります

 

今回の記事は動画のコメント欄でいただいた

視聴者さんからのリクエストで

負の感情を減らすにはどうしたらいいのか

という内容になります

 

この記事をご覧いただきますと

・負の感情は悪いものではない

・負の感情を減らす方法

についてお分かりいただけます

 

負の感情が湧くとき

スポンサーリンク

 

人が生きていく中で

負の感情を抱くことは必ずあります

 

負の感情とは

怒り、悲しみ、憎しみ、不安、心配、嫉妬、絶望などです

 

負の感情は

嫌な出来事を体験したときに

誰もが味わいます

 

引き寄せの法則で考えると

私たちの人生は

潜在意識によって作られている

ということが分かります

 

引き寄せの法則を

ものすごく簡単に言うと

良いことを思っていれば

良いことが現実化し

悪いことを思っていれば

悪い出来事を現実化してしまう

という法則のことです

 

信じる信じないに関わらず

私たちはこの法則に基づいて

人生を創っています

 

しかし、この良いこと悪いことという判断は

私たち人間の解釈です

 

宇宙からみると

実は良いも悪いも

正しいも間違いも存在していません

 

起こる出来事は

ただの出来事に過ぎません

 

ただの出来事に

私たちが感情を乗せているのです

 

良い出来事を体験すると

うれしい、楽しいという

幸せな感情を味わえるから

こっちの方が好き

 

悪い出来事は

つらい、悲しいという

不幸な感情を味わうから嫌い

 

というように宇宙から俯瞰してみれば

「好き」「嫌い」を言っているように見えます

 

なので引き寄せの法則を

理解されている方が

 

負の感情を引きずったとき

「こんなことで落ち込むなんて自分はなんてダメなんだ」とか

「自分は人間が出来てないから気持ちをプラスに持っていけないんだ」

思いがちですが

 

こんなふうに自分を責めることは

宇宙の視点でみると

とても不思議なことなのです

 

なので、もし嫌な出来事を

自分で引き寄せたことが分かったとしても

それはそれでありです

 

嫌な出来事の裏には

必ず学びがあるからです

 

よくピンチはチャンスと言いますが

これを言った人は

この法則をよく理解している人だと思わせます

 

また、人は決断を間違うかどうかを恐れて

行動に移せないこともあります

 

どちらを選択しても正解でもあり

どちらも間違いではない

 

というのが本質なので

恐れずに自分の感覚を信じればいいのです

 

必要以上に負の感情を味わいたくない

スポンサーリンク

 

そうは言ってもすき好んで

魂の学びのためなら

負の感情をたくさん味わいたい

という人は少ないですよね

 

でも、中にはそういう人もいます

過去の動画のコメントで

 

人は嫌なことがあっても

耐えて乗り越えていく生き物なので

良い出来事を引き寄せる考え方は違うと思います

 

というコメントをいただいたことがあります

 

この方はとても強い方だと思いました

おそらく、潜在的に

嫌な出来事をたくさん経験して

人よりたくさん学びとりたいと

魂が決めている方だと思います

 

しかし、世の中、そんな強い人ばかりではありません

 

ほとんどの人は負の感情なんて

なるべく味わいたくないと思います

 

私も味わいたくありません

楽しくて幸せな気分の方を

たくさん味わっていきたいです

 

同じ魂の学びでも

負の感情をたくさん味わって気づきを得る方法や

 

喜びや幸せの中でも

いろいろな気づきを得る方法を

自分の意志で選択することができます

 

もし、自分は必要以上に負の感情を味わいたくないと思ったとき

負の感情を減らす方法はあるのでしょうか?

 

霊感霊視のエキスパート多数在籍!
電話占い【恋愛応援スペーシア】3回まで無料キャンペーン中!

負の感情を減らす方法

 

先ほどもお伝えしたように

負の感情は悪いものではありません

 

宇宙の視点でみると

負の感情を感じることが

好きか嫌いかということです

 

しかし、負の感情を出し続けることで

未来も負の感情を体験する現実を

引き寄せてしまうのも事実です

 

もし、嫌な出来事があったとき

負の感情が湧き出たら

まず、その感情を肯定してあげてください

 

その感情はあなたの本心です

 

否定して蓋をしてしまうと

あとから苦しさの原因となります

 

例えば

「あんな言い方されれば、誰でもむかつくよね」

「あの態度はないよね。腹が立って当たり前」

「本当に嫌な奴だとね」というように

一度肯定して認めてあげてください

 

そのあとにイメージで

心の階段を一段上ってみてください

 

ちょっと上の視点から

その嫌な出来事を見下ろす感じです

 

すると、だんだん自分が冷静になってくるのが分かると思います

 

そして、過去の動画でもお話したように

この世界は仮想現実かもしれないということを

思い出してほしいのです

 

この三次元の世界は

人が魂の学びをするたに用意された世界です

 

私たちの本体は高次元にいるハイヤーセルフです

 

肉体をまとった私たちは

アバターのような存在なのです

 

そして、あなたが体験する現実は

あなたが普段考えていること

思っていることで創られています

 

そこで心の中で

「この世界は良くできているな~」と

呟いてみてください

 

そうつぶやくと不思議と

物事を客観的に見ることができるようになります

 

負の感情を減らすには

物事を客観的にみることが必要です

 

嫌な出来事の裏には

魂の学びがあることが多いです

 

客観的にみて

自分はこの中から何を学ぶべきかを

考えてみてください

 

答えが思い浮かばないことがあっても

今は分からないだけなので

それはそれでいいのです

 

ただ、何かの学びなんだなと

理解してみてください

 

マザーテレサの名言の一部に

こんな言葉があります

 

最後に振り返るとあなたにも分かるはず

結局は、すべてあなたと内なる神との間のことなのです

あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです

 

とあります

 

内なる神というのは

潜在意識と解釈すると

分かりやすいです

 

人との間のトラブルも

原因は外側ではなく

すべて自分が出す感情の周波数によって

潜在意識が作り出しています

 

人とのトラブルも

原因は外側ではなく内側にあり

潜在意識と自分との間での問題であるということです

 

霊感霊視のエキスパート多数在籍!
電話占い【恋愛応援スペーシア】3回まで無料キャンペーン中!

まとめ

人は良い出来事の人生が正しくて

嫌な出来事の人生は正しくないと

判断することが多いですが

 

宇宙の視点で見ると

正しいも間違いもなく

好きか嫌いかという表現の方がしっくりします

 

なのでもしあなたが負の感情を

引きずってしまったとしても

いけないことでも劣っているわけでもありません

 

しかし、宇宙の法則で言うと

普段自分が考えていること

思っていることが現実を創ります

 

負の感情を引きずると

潜在意識はそれがあなたの望みだと捉えてしまいます

 

嫌な出来事の裏には

魂の学びが隠されているので

魂の進化のチャンスでもあるのです

 

しかし、負の感情は味わいたくないという人もいます

 

負の感情を必要以上に味わなくて済む方法は

嫌な出来事を客観視することです

 

嫌な出来事があった直後には

誰でも負の感情が湧いてきます

 

しかし、それを否定せず

肯定して認めてあげてください

 

そして、イメージの中で

心の階段を一段上って

高いところから客観視し

 

この世界は魂の学びのために

用意されたステージということを

思い出してください

 

これでだいぶ冷静に物事が見えるはずです

 

この世界で起こる出来事は

自分の内側に原因があります

 

そしてこの現実は

潜在意識と自分との間で創り上げた世界だと

思ってみてください

 

最初は分からなくても

何度もそう思っていくうちに

あなたの魂がだんだん思い出してくれます

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう

心からお祈りしています

 

スポンサーリンク