宇宙の法則は周波数・波動がすべて 良い事も悪い事もすべて肯定してしまう

地球も、地球上の生き物も

もともと宇宙にある素粒子からできています。

 

宇宙には法則があって

その法則に従って生きると

人生も上手く行くようになります。

 

生きているとうれしい事や

嫌な出来事は必ずありますよね。

 

しかし、宇宙から見れば

それもただの現象でしかありません。

 

人はそれに感情を乗せて

喜んだり苦しんだりしているのです。

 

その感情をコントロールすれば

嫌な出来事が起きた時

 

ダメージを減らしたり

必要以上に苦しむことも

自分で回避できるという事になります。

 

この記事でわかること
・宇宙から見たら、目の前の出来事に良いも悪いもない
・嫌な出来事を回避し、良い出来事は肯定してもらう方法

 

ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

 

宇宙には良いも悪いもない

スポンサーリンク

 

私たちは、良い出来事悪い出来事を分けて考えます。

 

自分が喜ぶ出来事は良い出来事

悲しんだり苦しむ出来事は悪い出来事と判断しますよね?

 

それは人間だから感じているのです。

 

 

私たちにとって良い出来事も悪い出来事も

宇宙から見ればただの現象でしかありません。

 

宇宙は最強の応援団

スポンサーリンク

 

なぜただの現象だと言えるのかというと

宇宙は「Yes」としか言わないのです。

 

と言っても、言葉が通じる訳ではありません。

 

周波数で伝わります。

 

この場合の周波数というのは

感情イメージのことです。

 

うれしい、楽しいという気持ちでいると

そのときに出る周波数が伝わります。

 

すると宇宙は

「はい!わかりました」

「これからもそうありたいのですね」

「それで行きましょう!」

となります。

 

ですが、悲しい、苦しいという気持ちでいても

「はい!わかりました」

「これからも、そう生きましょう」

となってしまいます。

 

そういうと、中にはこう思ってしまう人もいるかもしれません。

 

うれしいことと・悲しい事が判断できないなんて

宇宙ってバカなの?

 

 

お気持ちよ~く分かります。

そう、思いたくもなりますよね!

 

しかし、うれしいこと、悲しいことと

決めているのは人間なのです。

 

それは、引き寄せの法則が

思い通りに働かないときにも言えることです。

 

言葉でどんなに「ああなりたい」

「こうなりたい」と言っても

いつも暗いイメージをしていれば

宇宙に伝わるのは言葉でなく周波数なのです。

 

宇宙はすべて周波数で決める

スポンサーリンク

 

あなたの目の前に

こんな人物が現れることがあるかも知れません。

 

  • 人に迷惑をかけて当然のような顔をしている人
  • 人の心に土足で踏み込んでくる人
  • あなたの癇に障ることをしたり傷つけてくる人

 

すると当然、怒り・悲しみのような

ネガティブな感情が湧き出てきます。

 

それでも宇宙にとって

悪い出来事ではなくただの現象なのです。

 

分かりやすく

私たちの身の回りのことに置き換えてみると

 

例えば目の前に

風が吹いて葉っぱが横切っても、

雨が降ったあと多少水溜りができていても、

うれしいとか悲しいとかないですよね?

 

葉っぱが横切ったくらいで

怒り狂っている人はいないわけです。

 

良いも悪いもないからですよね。

 

人は感情を持つ生き物です。

 

なので、目の前の出来事に

感情を乗せてしまいやすいのです。

 

もし、あなたの周りに怒鳴り散らす人や

あなたを傷付ける人がいた場合

ちょっと実験をしてみてください。

 

その人がいつものように

あなたに不快感を与えています。

 

そのときに

「絶対に感情を動かさない」

強く思ってみてください。

 

 

コツは上手く気をそらすんです。

 

その時だけは、心ここにあらずでもいいし

「誰にいってるんだろうね~」と

他人事のように右から左へ流してみてください。

 

すると、いつもよりダメージが少なくなることが

お分かりいただけると思います。

 

ですが、感情を動かした途端に

傷つくことも分かると思います。

 

要は、真正面から受け取るのを避けるんです。

 

いつもと同じ体験なのに

こんなふうに感情を乗せるかそらすか

受け止める現象が違ってきます。

 

宇宙は法則で動いているだけ

そもそも宇宙は法則だけで動いています。

 

その法則自体を神様と呼ぶのが一番しっくりきます。

 

なので、その法則に沿って循環しているものは

すべて神様と呼んでいいのではないかと思います。

 

どんなことを指しているのかというと

宇宙にあるすべてのものです。

 

  • 太陽
  • 地球
  • 自然
  • 生き物
  • 人工物

 

日本は八百万神(やおよろずのかみ)がいると言われ

いろいろなものに神様が宿っていると考えます。

 

人は神様がいると信じた方が

宇宙の法則に則った生き方ができます。

 

簡単に言うと、神様が喜ぶ生き方をするだけで

高い波動を保ち宇宙の法則で生きることができます。

 

神様とは人間の想像をはるかに超える

高い周波数のエネルギー体です。

 

愛そのものです。

 

愛のフィルターを通して世の中を見ると、

見え方、捉え方が違ってきます。

 

私は誰でも潜在意識を通して

神様とつながっていると思っています。

 

宗教に入られている方は

その宗教の教えに差し支えなければ

自分の中に信仰している神様がいる

思っていただくといいです。

 

感情は神様が付けてくれたもの

 

さきほど、感情を動かさない方が

受けるダメージが少なくなるというお話をしました。

 

それを聞いて、ならばいっそう

感情がない方が生きやすいのではないのか?

 

そう思った方もおられると思います。

 

確かに感情がない方が

嫌な出来事で自分が傷つくことはないかもしれません。

 

その代わりに喜びや感動もありません。

 

  • 家族がいる喜び
  • 仲間と共感できる喜び
  • 人の親切や愛を感じられた喜び
  • 素晴らしい本や映画・音楽で感動した喜び

 

 

感情がない方がいいという事は

こういうことも放棄してしまうことです。

 

私たち人間が持っている感情は

神様が付けてくれました。

 

魂を成長させるためには必要だからです。

 

この感情を上手くコントロールして付き合えるようにする。

 

これも人生を向上させる学びのひとつです。

 

宇宙は良いも悪いもすべて肯定してしまうので

周波数を整えて良いイメージをして

どんどん肯定してもらいましょう。

 

そうすることで

その周波数にふさわしい出来事を引き寄せ

イメージ通りの人生を送ることが出来ます。

 

まとめ

スポンサーリンク

 

私たちは目の前の出来事に対し

良い悪いを感情で判断します。

 

しかし、宇宙は良いも悪いも

すべて肯定してしまいます。

 

それが望むことならうれしいのですが

望まないこともすべて「Yes」なのが困りものです。

 

なので、自分が出している周波数イメージ

日ごろから意識することが必要です。

 

もし、あなたの目の前に嫌な人が現れたとき

あなたの周波数は下がり

頭の中にいやなイメージが湧いてきます。

 

それを宇宙に「Yes」と言わせないために実験を提案しました。

 

それは、感情を動かさない工夫

真正面から受け止めず反らすということです。

 

それだけでも嫌な事へのダメージは減らせます。

 

あなたの中に神様がいると信じることで

宇宙の法則にそった生き方ができます。

 

神様愛そのもの高い周波数を持った存在です。

 

宇宙の法則で幸せに生きるためにする行動は

神様が喜ぶ生き方です。

 

自分自身や周りの人、出来事を

愛のフィルターを通して見てください。

 

宇宙はそんなあなたを必ず肯定します。

 

そうすることで

その周波数にふさわしい出来事を引き寄せ

そのイメージ通りの人生を送ることが出来るのです。

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りしています。