【言霊】口癖を変えて人生を巻き返す 運気を上げる口癖
スポンサーリンク

 

あなたは、自分がどんな口癖があるのか意識したことはありますか?

どんな口癖を使うかで、その人がどういう人なのか、分かってしまうこともありますよね。

そのくらい、よく使う言葉はその人の性質を表しています。

また、運がいい人か、運が悪い人か ということも口癖から見抜くこともできます。

口癖の使い方によっては人生を変えることもでき、今、運が悪いと思っている人は、口癖を変えて運気を巻き返すこともできます。

この記事では、
・口癖から受ける影響
・人生を向上させる良い口癖
・運気を悪くする口癖
について、お伝えしています。

口癖から受ける影響

自分から発する言葉は、意外と自分に大きく影響を与えます。

自分が言う言葉は、自分が一番良く聞いているからです。

不快な出来事や、嫌いな人に向けて放っているネガティブな言葉は潜在意識からすると、潜在意識は主語が分からないので、全部自分に向けた言葉だと受け止めてしまいます。

すると、知らず知らずのうちに、口癖通りの人生になってしまいます。

マザーテレサの言葉に関する名言の一部分に、こんなフレーズがあります。

思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから

マザーテレサが言うように、言葉を変えると行動が変わります。

口癖を甘く見てはいけない理由は、良く使う言葉ほど潜在意識に入る可能性が高いのです。

しかも、口癖は頭で考えてから言うのではなく、いつも 心で思っている事が言葉として出るものですよね。

これは普段の自分のニュートラルな思考が、口から出ているということです。

口癖が行動になり、それが習慣となり、性格となってその人を作り上げ、最後は運命となるのです。

もし、あなたの口癖が否定的な言葉が多いのだとしたら、潜在意識に落とし込んでしまう可能性があります。

「自分はネガティブな口癖を言っているかもしれない!」と思っても、心配する必要はありません。

「ずっと気付かなければ、望まない人生を引き寄せたかもしれない!」「今気付いて良かった!ついてた!」と思うことが、運気を上げるコツです。

人生を向上させる良い口癖

スポンサーリンク

次に口癖にすると、人生を向上させる言葉を挙げて行きます。

・私は運がいい ついてる

運がいい人は、自分は運がいいと思っています。

人が見逃がしそうな些細な事でも「自分はついてる」と思うのです。

「そりゃ、そういう人は、運がいいんだから、運が悪いなんて思う訳ないよ。」と思うかもしれません。

しかし、先に「運がいい」と思うから、あとから運が付いてくるのです。

「自分は運がいい」と、たくさん言葉に出すことで、潜在意識は「ついてる」出来事を引き寄せます。

・ありがとう 感謝します

感謝を込められた言葉は高い周波数があり、言葉に出すことで強い波動となって伝わります。

すると、聞いている自分も相手の人にも良い波動が伝わり、運気を上げることができます。

・幸せ うれしい

「幸せ」「うれしい」という言葉を口癖にすると、幸せでうれしい出来事を引き寄せます。

おすすめなのは、ご飯を食べるときです。

「うれしい」「美味しいご飯が食べられて幸せ」と言って食べることで運気が上がります。

なぜかというと、食べることによって「おいしい=幸せ」という、感情を伴う言葉を発する良い体験ができるからです。

言葉の波動に感情の周波数を乗せると、潜在意識に入りやすくなります。

ネガティブな事は誰でも簡単に、潜在意識に入りやすい状況を作ることができます。

逆に、ポジティブな事を意図的に潜在意識に入りやすい状況に持っていくことは、結構難しいのです。

ですが、食べる時は、割と簡単に「幸せ」「うれしい」という感情と口癖の組み合わせで、潜在意識に入れることができます。

潜在意識を「幸せ」「うれしい」という波動に簡単に書き換えるおすすめな方法です。

・よかったね やったね

相手の幸せを自分の事のように喜ぶと、今度は自分も同じような喜びがやってきます。

ひとつの喜びをふたりで喜ぶことで、喜びの波動が増幅し相手も自分も波動が上がります。

・喜んで

居酒屋で使われそうな言葉ですが、

・はい!喜んで
・喜んでやります
・喜んで行きます

などの頼みごとを、どうせ引き受けるのであれば気持ちよく引き受けた方が、頼んだ人も自分も気分が良くなり、波動が上がります。

・おかげさまで

自分だけでなく、周りの人の力があったからこそという、気持ちの表れの言葉です。

お蔭様の陰と言うのは、もともとは神仏などの偉大な力の陰で、かばい守られるという意味があります。

この言葉を良く使うようになってから、運気が上がったという話はよく聞きます。

 

以上、人生が向上する口癖を、いくつか挙げさせていただきました。

この中になくても、肯定的な口癖であれば同じように運気を向上させることができます。

運気を悪くする口癖

次に運気を悪くする口癖です。

・疲れた

疲れたという言葉を発すると、その言葉は自分も聞いています。

そして、聞いた人にも感染してしまいます。

誰でも「疲れた」という体験はしたことがありますよね?

「疲れた」というワードで、その経験から疲労感がよみがえってきます。

自分も相手も疲れ、相乗効果でもっと疲労を加速させます。

「疲れた」と言う代わりに「よく、がんばった」と言うといいですね。

・○○のせいでこうなった

「人のせいや社会のせいで、こんなにひどい目にあった!」と思うことは、誰にでもあると思います。

しかし、他人軸になっていると、「自分以外の何かせいだ!」と思いたくなります。

他人軸とは、人の意見や世間体を優先し、外側に原因を求める考え方です。

しかし、自分軸になると、原因は自分にあると考えるようになります。

自分軸とは、他人の意見や世間体よりも自分の本心に従う生き方で、原因は自分の内側にあるという考え方です。

人のせいと思えることも、過去に出した自分の波動が引き寄せたものだったり、また、魂のステージを上げるため、気付きを得るために起きたのかもしれないと思うようになります。

・もう、〇歳だから

年齢に関係なく、この言葉が口癖になっている人がいます。

30代ですでに、この言葉が無意識に出る人もいて、驚いたことがあります。

新しい事を始めるのに年齢は関係ありません。

若い頃にできなかったことを、中高年になって始める人も少なくありません。

私にレイキを教えてくれた先生は、52歳で大学を受けて女子大生になりました。

すごいですよね!

私がYouTubeを始めたのも53歳でした。

その先生がチャレンジをている姿を見せてくださったおかげで、この歳で遅いなんて全然思わなかったです。

また、同じ年齢でも若く見える人と、実年齢より老けて見える人がいますよね。

その差はどこから生まれるかというと、思考です。

この言葉が口癖になると、潜在意識に入り老化が加速してしまいます。

・お金がない

行きたくない飲み会を断るためとか、いやな付き合いを断る口実に、「お金がなくて行けない」と言ってしまうこともあると思います。

しかし、「お金がない」という言葉だけは、絶対に使わない方がいいです。

潜在意識に入れば、お金が入って来なくなるからです。

嫌なお誘いを断る時は、「他に予定があるから」と断るのが無難です。

もし、相手がしつこいようなら、「飲み会は好きじゃない」とはっきり言っていいと思います。

引き寄せの法則は、顕在意識と潜在意識が一致してしまえば叶ってしまうと考えます。

たいていの人は「お金がない」という時は、本心で言っていますよね?

お金がないという、感情がともなった欠乏感満載の波動を出せば、潜在意識は「お金がない」と言うのが、あなたの望むことだと捉え、叶えようと働きます。

・やってあげたのに○○してくれない

これは、人に見返りを期待していたり、相手が自分の考え通りの行動をしてくれなかったときに、つい出てしまう言葉です。

本当は、相手のためにやったのではなく、相手をコントロールしようとする、エネルギーの低い言葉です。

・忙しい

この言葉が口癖になると、不思議ですがそんなに忙しくなくても、本当に忙しいと思えてきます。

忙しいと言う事は、頭の中の余裕がなくなっていて、新しい情報やチャンスが入ってこなくなります。

情報やチャンスがが目の前にあっても、頭がいっぱいで気付けなくなります。

 

 

以上、運気を下げる口癖を挙げさせていただきました。

この中になくても、ネガティブな口癖は同じように運気を下げます。

何度も口癖になるほど、繰り返して言うのは潜在意識に入りやすいので、注意が必要です。

ここで挙げた「良い口癖」や「悪い口癖」を知っていると、つい悪い口癖を言ってしまった時、ハッと気付いて訂正することができます。

訂正することで、潜在意識に入り込むのを防げます。

なぜなら、潜在意識は最後に言った言葉が残るからです。

もし、間違って「疲れた」と言ってしまっても、「そう思ったけど、まだまだ元気!」と言い直してみてください。

すると、潜在意識には「まだまだ元気!」という言葉の方が残ります。

過去に、つい不平不満を言ってしまったとき、「でも、そのおかげで、○○で良かった」と言い直すと、波動の転換ができるという記事でお伝えしました。

その原理と同じです。

その記事はこちらです。良かったら、読んでくださいね!

↓ ↓ ↓

不平不満をたった一言でチャラにする、人生を好転させる言霊マジック

まとめ

私たちは、自分の口癖から大きく影響を受けています。

自分が発する言葉は、自分が一番良く聞いており潜在意識に入りやすいです。

自分は目の前の出来事や、不快な人に言っているつもりでも、潜在意識は主語が分からないので、すべて自分に向けて言っていると捉えます。

その結果、ポジティブは言葉が口癖なら良い事を引き寄せ、ネガティブな言葉が口癖なら、嫌な出来事を引き寄せるように働きます。

この動画でご紹介した、人生を向上させる口癖は次の通りです。

・私は運がいい ついてる
・ありがとう 感謝します
・幸せ うれしい
・よかったね やったね
・喜んで
・おかげさまで

運気を下げる口癖は次の通りです。

・疲れた
・○○のせいでこうなった
・もう、〇歳だから
・お金がない
・やってあげたのに○○してくれない
・忙しい

あなたは、思い当たる口癖はありましたか?

もし、今まで悪い口癖を言ってしまったとしても心配はいりません。

今、分かって、とても運がいいです!

「自分は口癖を変えるんだ!」と意識することで、悪い口癖を使ってしまったとき、ハッと気付くことができます。

その時に言ってしまった言葉を訂正すれば、潜在意識に入ることを防げます。

マザーテレサがいうように、言葉は行動となり、行動は習慣に、習慣は性格になり、性格は運命となるのです。

普段のちょっとした口癖を意識するだけで、あなたの人生は必ず良い方向へ向かって行きます。

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りします。

 

スポンサーリンク