不安や恐怖から抜け出す簡単な方法

まだ来ない未来に対して不安や絶望を感じることって

多かれ少なかれ誰にでもあると思います。

 

多少の不安の感情は

人生を不幸に向かわないように舵を取るために必要な感情です。

 

そう思うと、不安は悪いことだけではありません。

 

「自分はこのままだといけないのではないだろうか」

と感じれば不安な未来に向かわないように

今までの考え方・行動を変えて修正することができます。

 

しかし、中には必要以上の不安や恐怖で

心が支配されてしまう人もいます。

 

すると、それがストレスとなり自分を苦しめて

すべて悲観した考え方になってしまいます。

 

その原因のひとつがネガティブな情報です。

 

ネガティブな情報に多く触れていることで

心が負のループにハマって抜けられなくなります。

 

この記事をご覧いただきますと

・過剰に不安を感じる原因

・不安や恐怖のループから抜け出す簡単な方法

についてお分かりいただけます。

 

どんな情報に触れているかで不安の大きさが決まる

私は動画のコメント欄を

いつもありがたく読ませていただいています。

 

お忙しい中、動画を見てくださったり

コメントをつけてくださり本当に感謝しています。

 

たまに見かけるコメントなのですが

「今のご時世で将来が不安で仕方がない」

「何のために生きているのか分からない」

という書き込みを下さる方がいます。

 

本当にその通りで今は人類がかつて経験したことのない

世界規模で激動の時代を迎えています。

 

不安や恐怖を感じるなという方が無理な話です。

 

しかし、同じ状況の中

精神にダメージを与えるほどネガティブになる人もいれば

それほど悲観していない人もいます。

 

それは個人的な将来の不安についても同じです。

 

その違いはどこにあるのでしょうか?

 



一番多く触れている情報の影響を受ける

世の中には、過剰に将来の不安を感じてしまう人と

それほど悲観的にならない人がいます。

 

それは普段どんな情報に多く触れているかで決まります。

 

ネガティブな情報に多く触れていると

知らず知らずのうちに、どんどん考え方がネガティブになっていきます。

 

ネガティブな情報にはネガティブな波動がまとっていて

その影響を受けてしまうのです。

 

ポジティブな情報に多く触れている人は

それほどネガティブになりません。

 

YouTubeをよくご覧になっている方も多いと思います。

 

中には不安をあおるコンテンツもありますよね。

 

例えば「〇月〇日に何かが起こる」

というようなものを見たことはないでしょうか?

 

コメントでも「こういう動画は本当ですか?」と聞かれたことがあります。

 

ですが、そんなネガティブな予言は信じない方がいいです。

 

その何かが起きるというのは、いいことならうれしいですよね。

 

残念ながら実際はネガティブなものが多く

災害とか巨大地震の恐怖をあおる動画もあり

そういうものを見てしまいたくなる人も多いです。

 

しかし、自分の精神状態を守るためには見ない方がいいのです。

 

本来なら感じなくてもいいような

不安や恐怖が増幅してしまいます。

 

すると波動が下がり、普段気にならない日常のことまでも

ネガティブにとらえるようになってしまいます。

 

この広い世の中、本物の予言者はいないとは断定できませんが

日にちまで正確に当てられる人は、ネットの中にはいないと思った方がいいです。

 

私は「〇月〇日に〇〇が起こる」というサムネイルをみたら

「ああ、この日は何も起きないんだな」と思っています。

 

こういう話は何十年も前からあります。

 

あなたはノストラダムスの大予言を覚えていますか?

 

「1999年7月に空から恐怖の大王が降ってくる」という予言です。

 

大王というのは、巨大隕石のことなのか、はたまた核爆弾のことなのか

人類が滅亡するというのは本当なのかと、マスコミも取り上げて社会現象となりました。

 

ところが、何もなかったのです。

 

何もなかったどころか当時はだんご3兄弟や

モーニング娘のLOVEマシーンが流行っているとても平和な年でした。

 

しかし、このネガティブな情報に触れすぎてしまい真に受けてしまって

どうせ1999年7月に人類はみんないなくなるんだと言って、人生を狂わせた人もいたのです。

 



恐怖や不安のループ

この話は極端な例ですけど今は情報時代と言われていて

その情報量は平安時代の一生分、江戸時代の一年分の情報を

現代人は一日で受け取っているといわれています。

 

ただでさえ人は放っておけば

8割ネガティブなことを考えてしまいがちなのに

そのうえネガティブな情報ばかり頭に入れ続けていたら

自分の中のほぼ全部がネガティブで埋め尽くされてしまい

いくら前向きに考えなくちゃと思っていても無理な話ですよね。

 

こんな状態では、今ある悩みも本当はそんなに悲観しなくても済むかもしれないのに

自分の中でネガティブ思考が増幅されてしまったため

すべてのことに悲観的になってしまいます。

 

不安や恐怖のループから抜けるためには

いっさいのネガティブな情報を遮断してみてください。

 

これだけでもかなり変わってきます。

 

でも、ニュースを見ないと世の中の動きが分からないと思う方もいると思います。

 

ニュースこそがネガティブな塊なので

私はネットでサラッと読むだけにしています。

 

詳しく知りたいと思う内容だけ詳細を読むようにしています。

 

テレビでニュースを見る習慣がある方は

ニュースは繰り返し同じことを伝えているので

一日一回見れば十分だと思います。

 

あとは、自分の気持ちを明るくするために時間をかけた方がいいのです。

 

不安や恐怖のループを抜ける方法

不安や恐怖のループを抜けるためには

ネガティブな情報を遮断したうえで

前向きになれる情報に多く触れることです。

 

前向きになれる情報なら何でもいいと思います。

 

お笑いを見て面白がるのもいいし

自分の生活を良い方向に向けるために生かせそうな

風水やスピリチュアル、自己啓発などのコンテンツもいいです。

 

主人公が活躍して幸せをつかむストーリーになっている小説などは

読んでいるうちに感情移入してその世界を疑似体験することができます。

 

主人公と感情を共感することで波動も上がります。

 

  • 自分にも幸せになる方法がある
  • この主人公のように前向きになろう

毎日こんな情報に触れていれば

自然と幸せな未来にフォーカスするようになり

本当に幸せを現実化してしまうのです。

 

人には誰にでもそういう力があります。

 

感情にも周波数があり今の自分の周波数が未来を創るのです。

まとめ

過剰に将来の不安を感じてしまう人と

それほど悲観的にならない人の違いは

いつもどんな情報に触れているかの違いです。

 

ネガティブな情報はつい見たくなってしまう心理も分かりますが

遮断するくらいの気持ちでいた方がいいです。

 

遮断しているつもりでも自然に入ってくるくらい

世の中はネガティブな情報であふれかえっています。

 

ネガティブな情報に多く触れていると

どんどんネガティブな考え方になっていきます。

 

ネガティブな情報にはネガティブな波動がまとっていて

その影響を受けてしまうのです。

 

すると個人レベルな悩み事さえ

過剰なほど悲観的になってしまいます。

 

普段触れている情報を

前向きで明るいものを選択していくことが大切です。

 

その前向きで明るい情報に多く触れていると

考え方も自然に前向きになり

自分の思考も明るい未来にフォーカスしやすくなります。

 

すると未来はその通りの

明るい人生を現実化できるのです。

 

人は普段考えている通りの人生になります。

 

人生は自分で創っています。

 

あなたも取り込む情報を選択して

明るい良い情報を選んでください。

 

そして幸せな未来に

あなたの周波数を合わせてくださいね。

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りしています。