引き寄せの法則が効かない時は4つのポイントをチェック
スポンサーリンク

あなたは引き寄せの法則を知っていざ、実践してみても

「何も起きない」

「何も起こらない」と、思った事はありませんか?

 

私が引き寄せの法則を実践したときに、何も起きなかったという経験を分析し原因を探ることで、お役に立てるのではないかと思い記事にしてみました。

ご自分の状況に当てはめて見ていただけると、ヒントになるのではないかと思います。

この記事をご覧になりますと、

・引き寄せの法則が効かない理由
・引き寄せの法則が働き出すポイント4つ

についてお分かりいただけます。

 

引き寄せの法則とはいつも自分が出し続ける感情と、同じような未来を引き寄せるという法則のことです。

いつも、自分が出している感情が、ポジティブなら未来は幸せな現実を体験する事になり、自分がいつもネガティブな感情を出していれば、未来は嫌な現実を引き寄せます。

引き寄せの法則はいたってシンプルで、目的地行きのバスに乗ってしまえば、自動的に目的地に着いてしまうのと同じくらいシンプルです。

引き寄せの法則が効かない

では、どうして引き寄せの法則が効かないのでしょうか?

私は何年か前に、引き寄せの法則を使ってお金持ちになりたいと思いました。

お金持ちになった自分なら毎日どんな感情なのかを想像し、お金持ちになった自分をイメージするように意識しました。

ところが、待てど暮らせど現実は変わりません。

「なぜ、現実は変わらないんだろう」

「引き寄せの法則なんて、嘘なのではないだろうか?」

こんな風に疑い始めました。

引き寄せの法則を実践してみて、そう思った事がある人は多いのではないでしょうか?

私はそれまで引き寄せの法則が上手く行かないという経験を、何度も何度もしてきました。

しかし、本屋さんに行けば、引き寄せの法則の本はどんどん種類が多くなっていくし、アマゾンで売られる本も、「引き寄せ系」の本は増えていくのです。

嘘なら、減ったり、自然消滅するはずですよね?

私は、引き寄せの法則が、なぜ効かないのかを突き詰めて行くことにしました。

 

そんなとき、ある成功者と出会うことができ、大きな気付きをいただくことができました。

その成功者はなんと、引き寄せの法則を使って事業を成功させたと言うのです!

そして、スピリチュアルも大変詳しい方です。

今は私の師匠となっています。

その師匠から学んでいくと、なぜ私が望む未来を引き寄せられなかったのかが、だんだん分かるようになってきました。

なぜ、引き寄せの法則が効かなかったのか

引き寄せの法則を使ってなかなか結果を出せないのは、引き寄せの法則じたいはシンプルなのに、人間の感情が複雑だからということです。

本来、ポジティブな感情だけを出し続けて行けば、望む未来まで自動運転されるはずなのです。

ところが、人間は社会の中で複雑な人間関係、複雑な出来事を体験し、複雑な感情を抱いてしまう。

引き寄せの法則が効かない一番の理由は、せっかく毎日お金持ちになった自分をイメージしているのに、ネガティブな感情にフォーカスしている時間が圧倒的に多いということでした。

引き寄せの法則は数学で言えば方程式と同じで、数字を当てはめれば、誰がやっても同じ答えにたどり着きます。

例え「毎日、望む未来をイメージしているんだから、普段ネガテブは感情が多くなったとしても、多めに見てくださいよ!」という訳にはいかないのです。

ゼロポイントフィールドに戻す

スポンサーリンク

ならば、どうすればいいのでしょうか?

私は毎日望む未来をイメージしている時間を超えるほど、ネガティブな感情を多く出すと言う事を改善しようと思いました。

ところが、いざ改善しようとしても社会の中で、嫌な出来事を体験し、人から嫌な言葉を聞かされているのに、ぜんぜんポジティブはイメージなんてできませんでした。

そのとき、師匠ならどうするだろう?

そう考えた時、ある答えが思い付きました。

いきなりポジティブな感情に持って行くのは無理・・・。

でも、気持ちがホッとする状態に持って行くのはできそう・・・。

このポジティブとネガティブの中間の状態を、「ゼロポイントフィールド」といいます。

負の感情が湧いてきたら、ホットすることにフォーカスしゼロポイントフィールドに持って行く。

これを繰り返しました。

足りない物

これだけでも、かなりいい状態に向かって行くのですが、引き寄せの法則を使いたいのであれば、あと一歩、足りないことがあります。

それは、顕在意識と潜在意識の目的を同じにすることと、行動すると言う事です。

顕在意識とは、自分が意識できる領域で、過去の私でいえば「お金持ちになりたい」とう考えた部分です。

潜在意識は、無意識と言われる領域で、本当の自分の考えや思いがある、ウソが付けない部分です。

お金持ちの自分を上手くイメージしているつもりでも、「ちっともリアルに感じない」「具体的なイメージが出来ない」としたら原因はここです。

なぜ、そうなりたいのかを自分に投げかけて行くと、本当の自分の思いが見えてきます。

私の場合、なぜお金持ちになりたいのかを突き詰めると、その先にある本当の願いは「自由」でした。

自由を得るためにお金が必要だと思ったのです。

多くの人にも言えることですが、「お金持ちになりたい」というのは目的を果たす手段で、最終的な願いではありません。

本当の目的は、もう一歩先にあります。

そして、すでに望む自分になったつもりで、考えたり行動するということです。

私の場合、会社の中でも出来る限り「自由な自分ならどうするのか」で判断し行動しました。

もちろん、人に迷惑をかけない程度にです。

すると、不思議な事に、「今までと同じやり方で〇〇しなければならない」という固定観念を外すことができ、仕事も楽しくなりました。

引き寄せの法則を使って「お金持ちになりたい」と願ったとしても、心の奥では「本当は自由になりたい」と思っていれば、その願いは本心とズレているので、引き寄せの法則は効きません。

いつまでもお金持ちに執着し、「まだ叶わない」「いつになったら叶うのか」「まだ何も起こらない」と思えば、未来も、まだ叶わない、いつ叶うのかと思い続け、何も起こらない事が現実化します。

そして、最後のポイントですが、人の幸せを絡めて願い事を設定します。

不思議なのですが、自分以外の幸せを関連付けると願いは叶いやすくなります。

例えば、私のように、自由になりたいと願うのなら

・心に余裕が生まれ、周りの人に優しくできる
・家族のサポートができる
・社会貢献のために何かができる

など、誰かのために何かをすることです。

 

以上、ここまでお伝えしたように、引き寄せの法則が効かないと思った時、今まで出てきた4つのポイントをチェックしてみてください。

私も、この4つを徹底的にやり、自由を手に入れることができました。

今も、引き寄せの法則を使って、別の願いを叶えるため実践中です。

まとめ

引き寄せの法則が効かない時、改善する4つのポイントが重要になってきます。

1.感情をゼロポイントフィールドに戻す

2.顕在意識と潜在意識を同じ目的にする

3.すでに、叶ったつもりで行動し考える

4.人のためになる事を願い事に絡める

 

引き寄せの法則が効かない原因は、一日の中でポジティブな感情より、ネガティブな感情の方が圧倒的に多いのです。

そして、ネガティブな感情をいきなりポジティブな感情に持って行くのは難しいです。

そんな時は、ホットすることにフォーカスし、ゼロポイントフィールドにもっていきます。

顕在意識と潜在意識が違う方向へ向いている時も、望む未来が引き寄せられません。

自分の願い事が目的を果たすための手段かどうかを、見極める必要があります。

そして、すでに叶った自分の波動を先取りして、願望を達成した自分ならどう考えどう行動するのか、自分の願望がどうしたら人の役に立つのかを考えます。

この記事は私が引き寄せの法則を実践してみて、気付いたコツをお伝えしました。

ご自分の現状と当てはめて考えていただくと、思わぬ突破口になるかもしれません。

引き寄せの法則は、空想でも魔法でもありません。

人生が上手く方程式です。

あなたの人生に活用し、あなたが望む幸せな未来を掴んでください。

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りしています

 

スポンサーリンク