人生は思い込みで出来ている 行動力を奪い願望実現を遠ざける思い込みを外すには?
スポンサーリンク

私たちの人生は思い込みに左右されます。

思い込みは良い方向へ働くものと、自分を苦しめる方向に働くものがあります。

良い方向に働く思い込みは、願望実現につながります。

悪い方向へ働く思い込みは、自分を苦しめ行動力を奪い、願望実現とは真逆の方向へ働きます。

自分が望む人生にするには、願望実現の邪魔をする悪い方向へ働く思い込みを修正していく必要があります。

この記事をご覧いただくと
・なぜ、思い込みに縛られると苦しむのか
・心から湧き出る妬み・嫉妬は 悪い思い込みを外すチャンス
・悪い思い込みを外す方法
について、お分かりいただけると思います。

思い込みが心を縛る

私たちは物心ついた時から、たくさんのルールに従って生きています。

社会の秩序を守るためにはとても必要です。

ルールがなければ好き勝手する人は現れるし、自分さえ良ければ他人はどうでもいいという考えが、まかり通ってしまいます。

しかし、私たちが頭の中で常識だと信じてきた思い込みの中に、自分の幸せを邪魔ものも存在します。

私たちを苦しめるのは、守らなくてもいい自分の中だけで、常識化したルールに縛られているということです。

多くの人は頭の中に、子供時代から現在までのたくさんの思い込みがあるばずです。

例えば
・女の子は家事の手伝いができないといけない

・男の子は泣いてはいけない

・仮病で学校を休んではいけない

・遅刻をしてはいけない

・忘れ物をしてはいけない

・1番を取らなければいけない

・頼まれた仕事を断ってはいけない

・やりたくても時間がなくてできない

など、まだまだ他にもたくさん思い付きますが、特に中高年はこれが常識だ、当たり前だと言って教えられてきました。

確かに一瞬、当たり前のことじゃないの?と、思ってしまいますよね。

しかし、よく考えてみると守らなくても良い思い込みの方が、たくさんあります。

自分を縛っている思い込みを、ひとつずつひも解いて、自分を解放してあげる必要があります。

守らなくてもいいルールに縛られていないか

スポンサーリンク

 

今まであなたが常識だと思ってきたことでも、自分だけの思い込みであることは実はとても多いのです。

まずは、これに気付くことです。

でも、常識やルールって長い時間をかけて身に着けたものなので、自分で気付くことは難しいかもしれません。

しかし、簡単に気付ける方法もあります。

それは、自分の中から出る「妬み」や「嫉妬」が教えてくれます。

上手く物事が進んでいて、思い通りの人生を歩んでいる人に対して面白くないと思うとき、自分が本心でやりたいと思っていることや、それができない縛りの原因が見えてきます。

妬み・嫉妬が出てきたらチャンス

例えば女性の場合だと
✓ 女性はこうあるべき
✓ 主婦はこうあるべき
✓ 母親はこうあるべき
という思い込みがある人は、本意でなくても自ら心や行動を制限します。

だから、それをやってのける人が目の前に現れると、イライラしたり不快に思うのです。

もし、嫉妬や妬みがないのなら、批判したくなる気持ちなんて芽生えてこないのです。

女性は家事や育児に専念するべきと、自分を縛ってしまうのです。

「妬み」や「嫉妬」は、持ちたくない感情ですが、その裏にはいろいろな情報が隠れているのです。

悪い思い込みを外す方法

自分が苦しいのは、守る必要のない自分だけの常識に縛られているからです。

この記事の前半で例に挙げた項目を見て、それは本当に常識なのか考えます。

・女の子は家事の手伝いができないといけない
・男の子は泣いてはい

こんな風に性別で「○○しないといけない」と思ったときは、どうしてなのか。

どちらの性別でも問題ない事ではないのかと考えてみます。

・仮病で学校を休んではいけない

今の社会はいじめなども陰湿化しています。

誰も自分を守ってくれないとき、自分を守るために仮病を使うのは悪い事なのでしょうか?

今の社会ではいじめの兆候を感じたら、学校へは行かせてはいけないと思っています。

心身の安全が保障できない場所で、勉強や道徳なんて学べないからです。

命をかけて学校へ行かせる意味はありません。

職場も同じです。

学校へは何しに行くのかを理解すれば、非常事態に学校へ行くべきという考えにはなりません。

・遅刻をしてはいけない

緊急性もないのに時間のルールに厳しく思い込んでいると、イライラして運気を落として自分が損をします。

待っている間本が読めてラッキー、ゲームが出来てラッキー、くらいに思っていれば済む事ですよね。

・忘れ物をしてはいけない

忘れない努力は必要ですが、忘れたあと、どうやって乗り切るのかを考えることの方が大事です。

・1番を取らなければいけない

私たちは「競争意識は人を成長させる」と、子供の頃から順番を争うような環境で育っています。

しかし、今、人と比べて競う事が過酷な割に意味がないということに気付き始め、自分軸で生きようとする人が増えてきています。

自分軸で生きるというのは人と比べない生き方です。

・頼まれた仕事を断ってはいけない

仕事を断らない人が仕事が出来るという考えは思い込みです。

仕事ができる人は断るのが上手いというのも事実です。

できない事はできないと言える勇気も必要です。

・やりたくても時間が無くてできない

自分が常識だと思っていたことに対して、行動や思考を制御され苦しめられている人は、一度、「できないのは思い込みだ」と思ってみてください。

自分の常識になって縛っていることが、できな理由となっています。

縛られていることに気付くことができれば、あとはどうすればその縛りが崩せるかを考えるだけです。

思い込みに縛られてたままだと、永遠に「○○だからできない」を繰り返すだけの人生になります。

まとめ

人生は思い込みで出来ています。

良い思い込みは自分の人生を飛躍させ、悪い思い込みは行動力を失い願望実現とは真逆の方向へ進みます。

行動できない人は守る必要もない常識で縛られています。

それに早く気付くと、人生が楽になりやりたい事ができるようになります。

どうやって気付けばいいのかと言うと、嫉妬や妬みの感情から見つけることができます。

嫉妬や妬みには自分の心の情報が隠されています。

自分と同じ境遇でも思い通りの人生を歩んでいる人はいます。

どんなに出来ないと思えることでも方法はあります。

自分で自分を縛っていることに気付けば、自分の中の守らなくてもいい常識や思い込みは外れていくのです。

そして、自分は何を考え、何をしたいのか。

自分の本心に従って行動することで、強運で幸せな人生を送ることが出来るようになります。

あなたの人生がさらに幸せになりますように心からお祈りしています。

動画

動画では、具体例を使ってお伝えしています。

ぜひ、ご覧ください!

 

スポンサーリンク