貧乏神を追い出す方法  貧乏神にとりつかれやすい人の特徴

あなたはもしかすると

「自分は貧乏神に憑りつかれてしまったかもしれない!」

なんて、不安に思ったことはないでしょうか?

 

「最近、金運がない気がする」

「ついてないことも起きる」

「やっぱり貧乏神の仕業なのかな?」

 

と、思ったとしても何も恐れることはありません。

 

ちゃんと、本来の自分の人生を取り戻すことができます。

 

この記事をご覧いただきますと

・貧乏神とは何なのか

・貧乏神に憑りつかれやすい人の特徴

・貧乏神を追い出す方法

についてお分かりいただけます。

貧乏神とは何か

スポンサーリンク

 

あなたは貧乏神と聞いて、どんなイメージを持っているでしょうか?

 

ボロボロの服を着た、かわいらしいおじいちゃんでしょうか?

 

一応神様なんだから少し威厳がある風格を想像するでしょうか?

 

人によってイメージが違うと思います。

 

私は貧乏の周波数を持った、エネルギーのことだと思っています。

 

貧乏神は、何かを伝えるメッセンジャーの役割を持つエネルギーだと私は思います。

 

貧乏神は見る視点を変えてみると、決していけないものではなくて

私たちが長く負の周波数でいると何かを気づかせ

本来の幸せの道に戻そうとする役割があるのではないかと思っています。

 

これは、あくまでも私の解釈なので

もちろん違うご意見もたくさんあると思います。

 

なので、これが絶対に正しいと言っているわけではありません。

 

「そういう考え方もあるんだな~」と、捉えていただけるとうれしいです。

貧乏神の正体

スポンサーリンク

貧乏神の正体は負の感情の周波数を持ったエネルギーです。

 

そのエネルギーを貧乏神として表現すると

いろいろな面で説明がしやすくなります。

 

貧乏神に取りつかれるとどうなる?

例えば一般的に、貧乏神に憑りつかれると

お金が無くなるというイメージが強いですよね?

 

しかし、お金がなくなるというのは結果論で本質ではありません。

 

どういうことかというと、貧乏神は人間の貧しい心に引き寄せられます。

 

貧しい心というのは

「~がないからできない」

「~があったら幸せになれるのに」

というように、いつも欠乏感や不足感があり

行動しないうちから

「きっとダメに決まっている」と思っていたり

「人がうらやましい」

「それに比べて自分は何て不幸なんだ」

と、いつも人と比べて無い物ばかりにとらわれている考え方です。

 

引き寄せの法則に置き換えると

長い間、欠乏感や不足感などを考えていると、本当にその通りの未来を引き寄せます。

 

貧しい心に憑りついて

「そういう考え方でいるとこうなるよ」と、教えてくれているのではないかと思います。

 

それに気づかないでいると

ついてない出来事を体験したり、お金に困るという現象が起きるので

まるで貧乏神に憑りつかれているように感じます。

 

貧乏神に取りつかれやすい人

では、どんな人が貧乏神に憑りつかれやすいのか

具体的に憑りつかれやすい人の特徴を挙げていきます。

出ていく物ばかりにフォーカスしている人

買い物でお金を払うとき過剰に負の感情が出る人です。

「あ~、またお金がなくなっちゃった」

と、出ていくお金のことだけを考えてしまいます。

 

欠乏感や不足感の周波数が出ているので、「お金がない」ということにチャンネルが合ってしまいます。

 

まるで、見たいテレビ番組のチャンネルを合わせるように

自分が合わせたチャンネル通りのことが起こってしまいます。

 

また、誰かに親切にしてもらったことはすぐに忘れてしまうのに

自分がやった親切だけはいつもまでも覚えている人もそうです。

 

「あのとき〇〇してあげたのに、Aさんは何もしてくれない」とか

「そのくらいやってくれてもいいのに」という相手の好意に依存する考え方です。

 

「~がないからできない」が口癖になっている人

「お金がないから〇〇できない」

「時間がないから〇〇できない」というように

「~がないからできない」が口癖になってしまっている人です。

 

こういう発想になってしまうのも

いつも欠乏感や不足感の考え方がベースになっています。

 

本心ではやりたいと思っているのに

過去に人に言われたことを優先してしまってブレーキをかけてしまいます。

 

自ら行動を制限してしまうのです。

 

口ぐせになっている分潜在意識に入りやすく

これも貧乏神が憑りつきやすい人です。

 

口ぐせ通りの人生になるという詳しいお話はこちらです。

【言霊】口癖を変えて人生を巻き返す 運気を上げる口癖

 

対策なども詳しく解説しています。

良かったらぜひご覧になってくださいね!

 

人の持ち物や環境をうらやましがる人

例えば、自分がずっと欲しいと思っていたブランドのバッグや服を誰かが身に着けていたとき

「素敵!私もお金をためて買おう」と思うのではなく

「なんで、あんな人が持っているのよ」とか

「いいな~。喉から手が出るほど欲しいけど、私には無理、うらやましいな」と思ってしまう・・・。

 

その高級品のバッグを持っている人はもしかすると

それを買うために計画的に節約していたり

仕事をがんばって残業も進んでやったのかもしれません。

 

また、幸せな人をうらやむというのも同じで

その人は過去に耐えがたい試練を経験した人で

そのご褒美として幸せな人生になっているのかもしれません。

 

過去の職場で私の上司だった女性は

いつも笑顔で明るくて幸せいっぱいに見える人でした。

 

ウィルスが蔓延する前の話ですが

豪華な海外旅行も年に数回されていて、おそらくねたんでいた人もいたと思います。

 

しかし、その上司は過去にお子さんを亡くされていて

そういう過酷な試練を乗り越えています。

 

この世に生まれてきた人で

どんなに幸せそうに見える人でも試練のない人なんていません。

 

人には必ず、他の人が知らない部分があります。

 

「あの人はなんで嫌なことがひとつもないの?」

「世の中不公平!」と、思っている人は

「自分が知らないだけ」と思ってみください。

 

それだけでも、心が軽くなります。

 

自分を過小評価する人

「どうせ自分なんか上手く行くわけがない」

「自分には無理」と、やりもしないうちから

できない理由をつけて自分で自分の行動を制限してしまう人がいます。

 

するとますます、自分の中から不満が湧き出てきます。

 

先ほど挙げた「~がないから できない」というのと少しかぶりますが

思い返してみると

「自分なんか上手く行くわけがない」

「自分には無理」と思う前に、何らかの行動を思いついたはずです。

 

本心では何らかの行動や考えが思いついているのに

誰かの価値観を優先して本来の自分を縛っています。

 

「もう歳だから・・・」というのもそうで

武田邦彦先生が動画で「普通の生活をするうえでは筋肉は70歳まで老化しない」というお話をされています。

 

若いころよりだんだん運動量が減り

やがて、もう歳だからと言ってどんどん体を動かさなくなるので

筋肉が衰えていくのだそうです。

 

筋肉は鍛えれば年齢に関係なく付きます。

80歳、90歳から筋トレを始めて鍛えることもできます。

 

私は以前、高齢者の体操教室を仕事で訪問させてもらったことがあります。

 

そのときにお話を聞かせてもらったのですが

腰が曲がって、杖なしでは歩けなかったおばあさんが

トレーニングを始めてから背筋がしゃんと伸びるようになって

杖なしでスイスイ歩けるようになったそうです。

 

今ではお友達と旅行に行けるようになったという事例がありました。

 

人間には誰でも歳や能力に関係なく、いろいろな可能性があるのです。

貧乏神を追い出す方法

貧乏神を追い出す方法は

貧乏神に憑りつかれやすい人の特徴の逆を行けばいいのです。

 

冒頭でもお伝えしたとおり

貧乏神は欠乏感や不足感のような周波数を出し続けていると

「その通りの未来を引き寄せるよ」と教えてくれるメッセンジャーでもあります。

 

私たちは人生を通して魂の学びに来ているので、誰にでも試練はあります。

 

しかしその中で、幸せを感じることがひとつもないというのは

見る方向が間違っているのかもしれません。

 

やはり、考え方を修正しなければならないのだと思います。

 

今までお金を払うときお金が出ていくことばかり目を向けていた人は

「いいものが買えた」「うれしい」と、入ってくるものに目を向けてみてください。

 

お金は出て行くのではなく交換です。

 

足りないものにばかり目を向けていた人は今あるものに目を向けて

今あるものだけで生きていけることに「ありがたいな」と思ってみてください。

 

人の物や人の環境がうらやましいと思ったときは

「きっと、この人は自分の知らないところで苦労やつらいことを

乗り越えてきたご褒美を手にしているんだな」と考え方を変えてみてください。

 

 

自分を過小評価をして「自分にできるわけない」「無理」と行動に制限をかけてきた人は

何かひとつ小さなことでいいから勇気を出して行動に移してみてください。

 

考え方を変えれば貧乏神はあなたに憑りつく意味もなくなり

周波数も違うので離れていきます。

 

この世のものはすべてエネルギーでできています。

私たちの肉体も心も自然や人工物もすべてです。

 

お金も豊かさのエネルギーです。

 

豊かさのエネルギーを循環させると

巡り巡って自分のところへ流れてきます。

 

循環させる方法は、先に自分から豊かさのエネルギーを出すことです。

 

人が喜ぶことをして笑顔にしたり

お給料や臨時収入が入ったときは、その一部を人が喜ぶことに使うといいですね。

 

すると、豊かさのエネルギーが循環を始めます。

 

人に親切にしても、見返りは求めてはいけません。

 

その人から返ってくるとは限らないからです。

 

巡り巡って別のところから大きな幸運として流れてきたり

臨時収入として入ってくることもあります。

 

そうしたらまた、自分から豊かさのエネルギーを出して

循環が途切れないようにします。

 

エネルギーを循環させる具体的なお話は

【風水】「タダだからもらう」その考え方をやめるとお金が入ってくる

という記事で詳しくお話しています。

良かったら見てくださいね!

まとめ

スポンサーリンク

 

貧乏神とは欠乏や不足の周波数をまとったエネルギーです。

人間の貧しい心の周波数に引き寄せられます。

 

世間では貧乏神に憑りつかれたから、お金がなくなるというイメージがありますが

貧乏神とはある意味「あなたの心は貧しくなっているよ」と、教えてくれるメッセンジャーでもあります。

 

お金がなくなったり、ついてないことが起こるというのは

貧しい考え方が引き寄せた結果です。

 

貧乏神に憑りつかれやすい人は次の通りです。

  • 出て行く物ばかりにフォーカスしている人
  • 「~がないからできない」が口癖になっている人
  • 人の持ち物・環境をうらやましがる人
  • 自分を過小評価する人

 

貧乏神に離れてもらう方法は、これらの逆をすればいいのです。

 

精神的にも金銭的にも豊かになりたいなら

先に自分から豊かさのエネルギーを出せばエネルギーの循環が始まり

巡り巡って自分のところに流れてきて

人に助けられたり、金運が上がったり豊かさの恩恵を受けることになります。

 

あなたがもし貧乏神のメッセージを受け取ったら

豊かな考え方に変えて豊かさのエネルギーを循環させてくださいね。

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りしています。

 

【お金を引き寄せる心理的技術】