嫌な出来事が頭をグルグルするときは、今この瞬間を生きよ

今この瞬間に意識を向けることができる人と

起きてしまった出来事をいつまでもクヨクヨしてしまう人がいます。

 

それは思考のクセの違いです。

 

いつまでもクヨクヨ考えてしまう人は

今この瞬間を生きる人と比べて

同じ出来事でも数倍ストレスを感じてしまいます。

 

今この瞬間を生きる人は

同じ出来事を体験しても前向きに考えることができます。

 

嫌な出来事が起きてしまったとき

「自分は何てダメなんだ」とか

「あいつのせいでひどい目にあった」

「つらい、悲しい、悔しい」

「なんで自分ばかり不幸で大変な目に遭うんだろう」と考えるより

どうせなら「たいしたことではない」と思ってみたいですよね。

 

この記事をご覧いただきますと

・嫌な出来事ばかり考えてしまう思考のクセをどうやって直すのか

・今この瞬間に生きるとは具体的にどうすればいいのか

ということについてお分かりいただけます。

 

マイナス思考は考え方のクセ

負の感情は一概に悪いことばかりではありません。

それが学びとなっていることもあるからです。

 

嫌な思いをすれば人の気持ちが分かるようになります。

 

しかし

✓ もう十分嫌な思いをしてきた

✓ いい加減、精神的に楽になりたい

と思う人も多いと思います。

 

今のこの時代は、がんばり過ぎの人の方が多いです。

 

もう、嫌な思いはうんざり!

と思う方は、この記事を見て楽になってくださいね!

 

同じつらい体験をしても人によってストレスの度数が違います。

 

例えば、同じ人間関係で悩んでいるといます。

 

ある人は 楽しいはずの飲み会や食事会のときも

家に帰ってきても、好きなことをしていても

「あの時、こんなことを言われた」とか

過去に体験した嫌な出来事のことばかり頭の中でグルグル考えてしまいます。

 

その結果、家に帰っても

くつろいでいるはずの湯船につかっている時間も

嫌な人が今目の前にいる訳でもないのに

一日中ずっと嫌な人のことを考え続けています。

 

逆にある人は、飲み会や食事会の時は

嫌な事は忘れて趣味の話をしたり

おいしい料理を出すお店の情報収集をして

次はどこに行こうかと今の楽しい時間に集中しています。

 

家に帰ったら次のお休みの日に

「ここを片付けてみようかな」とか

「ここのスペースを素敵な空間にしてみたいな」と考えています。

 

この両者の違いはいったい何だと思いますか?

この違いは考え方のクセです。

 

そう言うと「私はネガティブ思考だから前向きに考えられない」とか

「生まれつきの性格だからしょうがない」と思ってしまう人もいます。

 

しかし、誰でも考え方のクセは治せます。

 

「私は今、何に意識を向けているのか」といように

意識を向けるところをコントロールして

「今この瞬間」に意識を向けられるようになると

ストレスを軽減することができ願いも叶えやすくなります。

 

当然、人生も変わっていきます。

 

「心が今ここ」にあるのか

「心ここにあらず」になっているかの違いです。

 

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

前向きに考える効果

嫌な出来事が頭の中でぐるぐるしているときは「心ここにあらず」の状態です。

 

体はここにあるものの、意識は過去へ行っています。

 

何度も何度も過去の嫌な出来事を自分から体験しに行っていることになります。

 

そして、その都度わざわざ嫌な感情を味わっているのです。

 

引き寄せの法則で考えると

嫌な出来事を体験したときの波動を出しまくっていることになり

「未来も同じ体験がしたいです」と言っているのと同じです。

 

知らず知らずのうちに嫌な出来事を

宇宙にオーダーしてしまっているのです。

 

あなたは絶対にそんなことは望んでいないと思いますよね。

 

ですが、自分が出した波動が未来を創っています。

 

ハンバーグが食べたくてもカレーライスを注文すれば

カレーライスが出されるのと同じです。

 

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

マイナス思考から、どうしたら前向きになれるのか

そうは言っても、なかなかマイナス思考が直らないと思う方もいると思います。

 

例えば上司に理不尽なことを言われたとします。

 

引き寄せの法則で考えると

「それでも良い波動にしなくては!」と思ってしまいますよね。

 

じゃあ、上司は

「私のためを想って、嫌われ役をしてくれているのね」

「ありがたい、ありがたい」こんな風に思えばいいの?

なんて考えてしまう人もいると思います。

 

本当にそう考えている上司もいるかもしれないので

あなたがそう思ってしっくりくるなら、それはそれでいいことです。

 

ですが、その上司が普段からすごく卑怯な性格で

自己中な人だったらどうでしょう。

 

とても「ありがとうございます」なんて思えないですよね。

 

そんなとき、嫌な上司から離れているときは

嫌なことは、一旦横に置いておけばいいのです。

 

あなたの力でどうにもならないことは、解決しようと思わなくていいのです。

 

そのまま、何もせず一旦横に置いておく

そして、今この瞬間を意識して生きればいいのです。

 

今この瞬間に生きるって具体的にどうすればいいのでしょうか?

 

その言葉どおり、過去や未来のことは考えず

今だけに意識を向けていきます。

 

食事をしているときは

食材の味をちゃんと味わって

「おいしいな」

幸せだな」と感じてみてください。

 

テレビ、映画、音楽の鑑賞をしているときは、音や映像に集中する。

 

その他にも大自然のきれいな空の青い色、面白い雲の形を眺めて

「豊かだな~」と感じたり

風の音や、木の葉が風でこすれる音に集中する。

 

周りに何もないときは呼吸に集中するのもいいです。

 

呼吸で入ってくる新鮮な空気を感じ

吐く息は思考や体の中の汚れが出て行くイメージをします。

 

今この瞬間に生きることを意識しても

たいてい、ふとしたに瞬間意識がズレます。

 

今まで長い間、過去の嫌な出来事に

意識を向けてきたクセがあるので当たり前です。

 

ズレては戻す、ズレては戻すを繰り返していきます。

 

嫌な出来事や嫌な奴のことは、もう宇宙にゆだねて

「神様、あとはよろしくお願いします」と手放してください。

 

そして、嫌な出来事を思い出したときこそ

今この瞬間に集中するように意識を向けてみてください。

 

今この瞬間を生きることを意識していくと

波動が整っていくので自分の望みが叶いやすくなります。

 

まとめ

嫌な出来事が頭の中でグルグルしてしまうのは考え方のクセです。

今、心ここにあらずの状態で

意識が過去の嫌な出来事や、未来の心配事に向いています。

 

わざわざ自ら嫌な出来事を、何度も経験しに行っています。

 

引き寄せの法則で考えると

未来も嫌な出来事を体験したいですと

宇宙にオーダーしてしまっているようなものです。

 

では、どうしたら嫌な出来事に意識が向かなくなるのかと言うと

自分にはどうにもならないことは一旦横に置いておいて

今、この瞬間に集中することです。

 

今、この瞬間に意識を向けていても

嫌な出来事に意識がズレることもあります。

 

その時はズレたら戻すを繰り返していきます。

 

すると、だんだん意識がズレなくなっていきます。

 

そして「あとは神様よろしくお願いします!」と言って宇宙に丸投げしてください。

 

すると、波動が整い望みが叶いやすくなります。

 

ぜひ、嫌な出来事に必要以上に苦しまない人生を選択して

楽になってくださいね。

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りしています。

 

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで