キレてる人は迫真の演技であなたを成長させてくれる人

過去の動画のコメント欄で

公共の場でキレている人を見かけるのですが

同じ状況でも

すぐにキレる人と冷静な人は何が違うのですか?

というご質問をいただきました

 

ありがとうございます

 

このご質問をいただいた

すごいタイミングで

お店の中で怒鳴りまくる

興味深い人物と遭遇したので

 

そういう人と出会ったとき

エネルギー的に

どう捉えたらいいのか、

すぐにキレる人とキレない人とは

何が違うのかをお伝えしていきます

 

キレている人のひとり芝居に付き合わなくていい

 

スポンサーリンク

 

先日、あるケーキ屋さんで

店員さんが元気な声で

 

「いらっしゃいませ!

本日ショートケーキがお買い得になっています

いかがでりょうか?」

 

という声が聞こえてきました

 

そうか~、今日は

ショートケーキがお買い得なのか~

ラッキーだな~

なんて思っていると

 

60代くらいの男の人が

突然、大声で怒鳴り始めたのです

 

うるせー!

余計なこと言うな!!

てめえは黙ってろ!!

 

などの暴言を吐き

しばらく怒鳴り声は続いていました

 

話を聞いていると

自分の好きな物を買いに来てるのだから

いちいち指図してくるな

 

という事が言いたいらしいです

 

この店員さんは

この男性だけに言ったのではなく

ここにいるお客さん全員に

今日はショートケーキがお買い得という事を

知らせただけです

 

周りの人は

この男性がなぜキレているのか分からず

みんなきょとんとしていました

 

実はこの男性は

いろいろな公共の場で良くキレてしまわれる方で

知っている人は

ああ、あの人ねと言った感じです

 

でも、怒りをコントロールできなくなる

病気もあるので

そうなのかもしれないとも思いました

 

ですが、自分より強い人には

よくへこへこしているところも見られています

 

一緒に暮らしているご家族は大変だな~

家でもよく怒っているのかなと

一瞬心配になりましたが

 

この男性を知る人に話を聞くと

奥さんが怖いらしく

奥さんと一緒にいるときは

借りてきた猫のようにおとなしいそうです

 

もし、怒りをコントロールできない

病気だとしたら治療が必要ですが

 

この男性の場合、人によって

態度を変えることができるので

病気と言う感じではなさそうです

 

原因はいろいろあると思います

この男性の生い立ちにあるかも知れないし

今置かれている状況に

何かあるのかも知れません

 

ですが、エネルギーの視点で考えると

普段から機嫌が悪いままで

その感情を放置していることが

原因のひとつになっていると考えられます

 

機嫌が悪い状態が

この男性のノーマルの状態なのです

 

普段からイライラしていたり

腹を立てていて

自分の機嫌を取らずに

そのままにしていると

怒りの沸点が低くなります

 

その怒りのエネルギーが

他人に向く人と

自分に向く人がいますが

この男性は他人に向けられています

 

怒りの沸点は

人によって違っていて

自分の機嫌を取っている人は

あまり人前でキレることはありません

 

怒りの感情が湧いたとしても

すぐに冷静になれます

 

魂の視点で考えると

この男性は店員さんに

怒りをまき散らしているように見えますが

実はひとり芝居をしているだけです

 

もし、あなたの周りに

こんな人がいて

あなたに向かって怒鳴っていたとしても

実際はあなたに向けられた言葉ではありません

 

自分の都合で怒鳴っているだけです

 

この場合、言葉には意味がありません

なので真正面から受け取ってはいけません

 

正面から受け取ると

あなたが傷つくだけです

 

いつもイライラして

自分の機嫌を取らないと

何でもないことまで

腹が立つようになるということを

迫真のひとり芝居で教えてくれているんだと

捉えればいいのです

 

そう捉えると

あなたにとっては気づきとなり

魂を成長させることができます

 

感情をコントロールする

スポンサーリンク

 

普段から自分の機嫌をとっている人は

怒っても仕方がない

解決にならないことが分かっているので

キレることはありません

 

先ほどの男性を例に挙げて

もし、店員さんの言葉に問題があったらという

シチュエーションで考えてみます

 

そうだとすると

あなたはお金がなさそうに見えるから

今日はショートケーキが安いから

それにしなさいという意味に

聞こえたとします

 

実際には、この店員さんが

そんなことを言うなんて

100%あり得ませんが

もし仮にそうだったとします

 

そんなことを言われたら

かなりカチンときます

 

「は?客に対して失礼じゃない?」と

怒ったとしても仕方がないですよね?

 

でも、こんな場合でも怒らない人もいる訳です

 

全然気にしない人もいれば

 

「その言い方だと誤解を招くから

気を付けた方かいいよ」とやんわり諭す人

 

中には

「そんなに私はお金がない人に見えちゃったのかな?」と

笑ってしまう人もいると思います

 

この違いは

怒りの沸点の違いです

 

ではこの沸点はどうやって決まるのでしょうか

 

自分の機嫌を取らない人は怒りの沸点が低くなる

 

人は普段、何を意識しているかで

全然違う景色を見ています

 

この世界に生きていれば

嫌な出来事に出会わない人はいません

 

そんな中でも

普段から心を穏やかにする工夫をしたり

当たり前のことに感謝をするように

意識をしていると

幸せの沸点が低くなります

 

幸せの沸点が低くなるということは

小さなことでも幸せを感じやすくなるという事です

 

そういう人は

波動同調の法則で

さらに幸せを引き寄せやすくなります

 

逆に普段から

嫌な出来事があったとき

ずーっとそのことばかり考え

アイツが悪い

何で自分ばかりこうなると

いつも恨みつらみを感じていれば

ちょっとのことでも

すぐに被害者意識を感じたり

腹が立つようになります

 

そればかりか

同じ波動同士は引き合うので

腹が立つ出来事を

どんどん引き寄せてしまいます

 

なので、もしあなたが

キレている人に出会ったとき

不快な感情が湧いてくると思いますが

 

ああ、この人は

迫真の演技でひとり芝居をしているんだな

ということを思い出してみてください

 

普段から自分の機嫌を取らずにいたから

お得な情報でさえも

腹が立つ言葉にしか受け取れなくなるんだな

と、学ばせてもらえばいいのです

 

これを魂の視点でみると

もしかすると、この男性は

みんなが気づけるように

迫真の演技で嫌な人を演じているのかも知れません

 

まとめ

 

すぐにキレる人は

怒りの沸点が低いことが考えられます

 

怒りの沸点が低いということは

いつもイライラしているので

少しのことでも

腹が立つ状況になるということです

 

いつも自分の機嫌を取っている人は

滅多にキレることはありません

 

そして、幸せの沸点が低くなります

 

幸せの沸点が低いということは

小さなことでも幸せを感じやすくなり

波動同調の法則で

どんどん幸せを引き寄せるようになります

 

もし、キレている人に出会ったら

自分のために迫真の演技で教えてくれていると

捉えてみてください

 

自分の機嫌を取らないと

イライラした状態が

自分のニュートラルになり

何でもないことに腹を立て

どんどん腹が立つ出来事を引き寄せるんだなと

気づかせてもらい

 

魂を成長させるメリットに

変えてしまいましょう

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう

心からお祈りしています

 

スポンサーリンク