シンクロニシティ現象をスピリチュアルに引き寄せる

あなたはシンクロニシティを体験したことがありますか?

 

 

シンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」の事です。

 

 

  • ぞろ目を見る
  • 同じ言葉を繰り返し聞く

などいろいろありますよね。

 

 

シンクロニシティが起きた時

それを最大限に活用して

運気を上げる方法があったらいいと思いませんか?

 

この記事で分かること

・シンクロニシティにはどんな意味があるのか

・自分でシンクロニシティを作り出し運気を上げる方法

 

ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

 

スポンサーリンク

シンクロニシティとは

運気が上がるとき

いろいろな前兆があるといわれています。

 

 

そのひとつに、シンクロニシティがあります。

 

 

シンクロニシティとは

意味のある偶然の一致という意味です。

 



 

シンクロニシティが起きるとき

 

運気が上がるときに

シンクロニシティを体験しやすいというのは

よく言われていることです。

 

 

シンクロニシティについての解釈はいろいろありますが

私はハイヤーセルフからのGoサインだと思っています。

 

 

この現象が現れるときは

すでにいい流れに乗ってるので

そのまま自分を信じて行動すればいい

というメッセージです。

 

 

だから、幸せや良い出来事の前兆と言われるというわけです。

 

 

逆に、今、物事が上手く行っていないときに

シンクロニシティが現れたら

今は上手く行っていないように思えるけど

大丈夫、順調だよ!

というサインと捉えていいと思います。

 

 

あなたは過去に、夢を叶えたり目標を達成したときに

その途中はけっこう大変な試練だった

という経験はないでしょうか?

 

 

今がその途中にいる時で

ゴールは素晴らしいということを

教えてくれているときのサインでもあります。

 



3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

人はどんなに恵まれた境遇にいる人でも

感謝を忘れると恵まれている事さえ見えなくなります。

 

 

意識して感謝すればするほど運気は上がっていきます。

 

 

それと同じでシンクロニシティも

  • ぞろ目を見た
  • 同じ言葉を何度も聞く

というようなことを

 

ただの偶然で片づけて

無関心、無反応でいるのか

 

起きたシンクロニシティに意識を向けて

「よし!私は大丈夫!」と思えるのかで

波動も変わって行きます。

 

 

シンクロニシティを体験したとき

「よし!」と思う習慣があると

チャンスに気づけるようになります。

 

 

チャンスに気づけないで見逃す人と言うのは、運がない人です。

 

 

シンクロニシティに気づいて気分が上がると

自分の意識が良い方向へ向いていることになり

運気が上がりチャンスにも敏感になります。

 

 

意識を向けるという行動は

小さなチャンスも見逃さないという練習にもなります。

 

 

一方、シンクロニシティを否定して

「そんなものはない」と信じる人にとっては

本当にただの偶然でしかありません。

 

 

スピリチュアル界では

ぞろ目をエンジェルナンバーと言います。

 

 

エンジェルナンバーとは

高次元からのメッセージを指しています。

 

 

そんなのただの数字で何の意味もないという人にとっては

本当に、ただのぞろ目の数字の羅列で

シンクロニシティではなくなります。

 

 

自分の思考が現実を作っているので

そういう事になります。

 

 

しかし、運気やスピリチュアルを

普段意識していない人でも

 

エンジェルナンバーを見て

「お!」と思ったり

「ラッキー」と思い

気持ちが少しでも上がっていれば

シンクロニシティを体験していることになります。

 

 

運気が上がる前兆か

すでに運気が向上している状態です。

 

シンクロニシティを活かす

スポンサーリンク

 

中には、自分はシンクロニシティが起こらない

「ああ、自分は運が上がらないのかな~」と

思った人もいると思います。

 

 

でも、シンクロニシティは自分で作り上げることができます。

 

 

「そんなバカな!」と

思われるかもしれません。

 

 

シンクロニシティは偶然の一致です。

 

 

未来に希望を感じる出来事を体験して

その後に素晴らしいことが起きるという図式があります。

 

 

つながっているのです。

 

 

なので、その図式を利用していきます。

 

 

例えば、嫌な出来事があったとき

この出来事はいい事に繋がっている

自分の中で確定してしまうのです。

 

 

自分で決めてしまえば潜在意識を通して

高次元の存在に届けることができます。

 

 

私はハイヤーセルフに届くと思っています。

 

 

偶然の一致というのとは

少し意味合いが変わってきますが

 

「こういう現象があったからいい事が起こる」

という図式は同じです。

 

 

例えば、財布を落としたとします。

 

 

中には現金、クレジットカードなど

大事なものが入っています。

 

 

警察に遺失物届を出しても見つかりません。

 

 

私も経験がありますが、すごいショックですよね!

 

 

しばらくは立ち直れないかもしれません。

 

 

ですが、いつまでも

自分はなんてついてないんだと落ち込んでいるより

 

「財布を落としたことは残念だ。

でも、なぜだか分からないけど

このことがとてもいいことに繋がっている」

 

という、シナリオを確定してしまうのです。

 

 

財布を落としたことは結果的にはいい事だった

という図式を作ってしまうのです。

 

 

すると、偶然財布を見つけてくれた人と仲良くなり

ご縁があってお付き合いすることになったり

生涯の親友になるということもあり得ます。

 

 

例え、財布が見つからなかったとしても

厄を背負って行ってくれて

災難から守ってくれたと捉えれば

良かったことになります。

 

 

気休めではなく

厄を背負って物がなくなることは本当にあることです。

 

 

または、そのことによって

なくした分のお金をがんばって稼ごうと思い

今まで以上に仕事に精を出す、

 

その結果、周りの人に認められて

今までなら考えられなかった出世を

果たしたという人もいます。

 

 

人生は幸せな方向に意識を向けていれば

幸せな方向に向かっていきます。

 

 

私たちを大海原に漂う船に例えると

舵を取るのは意識です。

 

 

どの船も幸せにたどり着くことが可能なのです。

 

 

ですが、嫌な事に意識を向けすぎて

自ら不幸の方向へ舵を取って進んでしまう場合があります。

 

 

その船も幸せの目的地に行くつもりなのです。

 

 

なのに、自分で舵を不幸の方向へ傾けていることに

気付かずにいるのです。

 

 

不幸にフォーカスすることを

やめようとしないのです。

 

 

しかし、不幸を意識するのをやめてみると

進行方向に「幸せはこっち」という

矢印が書かれている看板が

あちらこちらにあることに気付きます。

 

 

その看板の役目がシンクロニシティだと

私は考えています。

 

 

だから、幸せの前兆と言ったりGoサインなのです。

 

 

人は悪い出来事ばかり数える生き物ですよね?

 

 

自分の意識を放置しておくと

嫌なことばかり見てしまいます。

 

 

なので、シンクロニシティが起きた時

書きとどめておくのも運気を上げるいい方法です。

 

 

一日の終わりに日記に書くのもいいですね。

 

 

書いて行くと高次元から応援メッセージが

送られていることに気付きます。

 

 

そのことによって

自分が幸せに向かって歩んでいるということを

実感することができます。

 

まとめ



 

シンクロニシティを体験するときはこんな意味があります。

  • 運気が上がるとき
  • 良い流れに乗っているとき

 

 

「このまま行けば大丈夫」という

高次元からのメッセージです。

 

 

例え今、つらい現実だとしても

この先に素晴らしい出来事があると

教えてくれています。

 

 

シンクロニシティを意識したり数えて行くことで

気持ちが上向きになっていくので運気も上がっていきます。

 

 

なかなかそういう事が起こらないという人は

自分で作り上げることもできます。

 

 

例えば、嫌な出来事があったとき

この出来事は結果的に良い事に繋がっている

という図式を自分の中で確定してしまいます。

 

 

この方法も波動を上げる良い方法です。

 

 

この大海原を意識の力で舵を取って

あなたの船を幸せの目的地に進めていってくださいね!

 

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう

心からお祈りしています。

 

スポンサーリンク