ブロックを外す方法を潜在意識に聞いてみる

 このブログでは

「今、自分が出している波動の周波数が未来を創る」という話をよくします。

 

その中で動画のコメント欄からこんなご質問をいただきました。

 

「波動を上げる努力をしたり良い未来をイメージしても現実が変わりません」という内容です。

 

いろいろ考えられますが

波動を上げる努力をしても頭で良い未来をイメージしても

心の奥底で現状を変えることに対してブロックがかかってる場合があります。

 

今回は思い込みや心のブロックという視点でお伝えしていきます。

 

この記事をご覧いただきますと

・願望実現を妨げているものは何か

・心のブロックの外し方

についてお分かりいただけます。

 

現実が変わらない理由

スポンサーリンク

 

現状が変わらない理由はたくさんありますが

そのひとつに思い込みが強く

それがブロックになっていることも考えられます。

 

ブロックとは心のブレーキのことで

頭では変わりたいと考えているのに

心の奥深くでは自分が変わることに対して拒否をしている状態です。

 

でも、そん風に言われると

「そんなことないです」

「今の現状を変えたいです」と、言いたくなりますよね!

 

例えばこんなことに心当たりないでしょうか?

 

頭で考える願望とは逆に

「人から大切に扱われたいけど、自分はいつも人から軽く扱われているのでそれが普通なんだろうな」とか

「子供のころから貧乏なのでお金持ちとは無縁で当然」という思い込みがあると

人生はその思い込み通りになっていきます。

 

思い込むということはそうなることを信じているということです。

 

潜在意識は良い悪い幸せ不幸の区別ができません。

 

自分が信じていることが一番の望みだと捉えてしまいます。

 

その思い込みが否定的なものであれば心のブレーキとなり

願望を叶えるための思考や行動が無意識に制限されてしまいます。

 

自分の意志でコントロールできる意識は

大きく分けて全体の意識のおよそ5%に過ぎず

残りの95%は無意識の領域です。

 

例えば、お金持ちになりたいと思っているのになかなかお金に恵まれないとします。

 

心にブロックがかかっているという視点で見ると

「お金持ちにはなれない」という思い込みや

「お金持ちになったら困ることがある」という考えが

無意識の中にあると考えられます。

 

いくら5%の意識でお金持ちになりたい、願望を叶えたいと願っていても

95%の無意識にブロックがあれば、自転車とトラックで綱引きをしているようなもので太刀打ちができません。

 

でも、「お金持ちになれない」と思ってしまうのは誰にでもあると思うけど

「お金持ちになったら困るなんて言う人なんているの?」という疑問もでてきますよね。

 

しかし、よ~く考えてみると思い当たる節があるかもしれません。

 

具体的な例を挙げてみるとこんな感じです。

  • お金がたくさんあったら詐欺にあうかもしれない
  • おごられて当たり前だと思う人が集まってくるかもしれない
  • 家族や親戚でお金をめぐって争いが起きたら嫌だ
  • 今の生活が一変するのが怖い

もし、こんな心配が心のどこかにあったら

お金持ちになったとしても手放しでは喜べませんよね。

 

こんなふうに「自分はお金持ちになれるはずがない」という思い込みや

「お金持ちになったら困る」という思いが願望を叶える考え方や行動を無意識に制限してしまいます。

 

お金以外の人間関係などの悩みでも同じことが言えます。

 

頭では変えたいと考えていても

心の奥深くでは変わることへの恐怖を感じている場合もあるのです。

 

思い込み・ブロックの外し方

思い込みやブロックを外すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ブロックの外し方はいろいろあります。

ネットで検索するとたくさん出てきますよね。

 

その中で、思い込みやブロックは表面上の意識では気づけないことも多いので

自分に問いかけていくという内観の方法があります。

 

自分に問いかけていくというやり方の良い点は

ブロックの原因は人によってさまざまなので

内観すると自分の本心と向き合うことになります。

 

その結果自分に一番合った方法を見つけ出せるという点です。

 

例えば、お金に恵まれないという悩みがあるとすれば外側に原因を求めず

「自分がお金持ちにならない理由は何だろう」と

自問して内観を繰り返していくと答えが見えてきます。

 

内観のやり方は頭で考えるより面倒でも紙に書き出すと

自分の意外な一面が見えてくることがあります。

 

心の整理をするときは紙に書き出す方法が一番いいです。

 

紙に今の悩みを書く

なぜそう思うのかを書き出す

そして、どうしてそうなったのかを客観的にみる

次に、どうすればいいのか思いつくまま案を出す

このときのポイントはすべて客観的にみるということです。

 

言い方が悪いですが、案を出すとき他人事だと思って

無理そうなことでもどんどん出します。

 

なぜかというと、自分で勝手に無理だと制限をかけている場合があるからです。

 

その案を見て頭で理論的に考えるのではなく心の中でしっくりくる案。

腑に落ちる案を採用するという方法です。

 

過去の記事で

【自分との対話】人生どうしていいのか分からないとき、潜在意識に聞く方法

で詳しくお話させていただいています。

 

よかったらご覧になってみてくださいね!

この世の修業はひとつひとつブロックを外すこと

スポンサーリンク

私たちは競争社会の中で生きています。

 

人と比べる習慣もその一環で常に人と比べて優劣を考えてしまいます。

 

そして自分が劣っていると感じたとき

自分はダメなんだと思い込んでしまいます。

 

しかし、その人と比べること自体、もう古い価値観です。

 

今の時代とは合わないことに気づいて

人と比べても何も意味がないことを知った人から楽になります。

 

人と比べたり競争意識の中で生きていると自分が劣っていると思うところを

わざわざ、その部分が得意な人と比べて感じなくてもいい劣等感を感じてしまいます。

 

そのときに感じた劣等感が

思い込みや心のブロックとなってしまうことが多いのです。

 

私たちがこの世に生まれた目的は魂を磨くことです。

 

魂を磨く方法はたくさんありますが

ひとつひとつブロックを外していくことも

魂を磨くことの一つではないかと思います。

 

心の中に否定的な思い込みを感じている人は多いです。

 

それが自分が行動できない理由となり悩みとなります。

 

ブロックがたくさんかかっている人も多くいますが

ひとつひとつ外していけばいいんです。

 

ブロックを外す方法は先ほど提案した通り

自分の内側を掘り下げていき

自分が望む行動や考え方に結び付けていく方法があります。

 

ところが脳は変化を嫌います。

これは自分を守ろうとする防衛本能なので自然なことでもあります。

 

防衛本能がなければ人は無謀な行動をしてしまい

命を危険にさらしてしまう可能性も考えられます。

 

自分の意志で考え方や行動を変えてみて変化をしても安全だと分かれば

ブロックをかける必要もなくなり解除していくことができます。

 

言い換えると変化を許可していくということになります。

 

まとめ

現状が変わらない原因のひとつに

否定的な思い込みが強く心にブロックがかけられていることが考えられます。

 

ブロックがかかっていると

頭では現状を変えたいと思っているのに

心では変わることに対して拒否をしている状態です。

 

思い込むということはそうなると信じていることです。

 

潜在意識は善悪の判断ができず

自分が信じていることが一番の望みだと捉えています。

 

その結果、人生は自分が信じていることが反映されています。

 

ブロックを外す方法のひとつに内観して自分の心を掘り下げる方法があります。

 

その方法で自分がたどり着いた考え方や行動に変えみます。

 

斎藤一人さんのお言葉を借りると「この地球は行動の星」です。

 

考え方を変えると行動が変わります。

行動が変われば現実も変わります。

 

しかし、脳は変化を嫌う性質があり、あなたが行動に移そうとすると

面倒に感じたり、できない理由を次々出してくるかもしれません。

 

自分の本心に従って考え行動しているのであれば

潜在意識の中のブロックとなっている思い込みも自然と外れていくのです。

 

そして願望実現が早く現実化していくようになります。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りしています。

スポンサーリンク