【風水】貧乏神のメッセージに気付けば、福の神に変身する
スポンサーリンク

貧乏神というと、どんな姿を想像しますか?

ボロボロの服を着た、おじいさん?

それとも、幽霊や妖怪のような姿でしょうか?

「貧乏神に好かれると、貧乏になってしまう。」

これは、本当の話です。

自分の家には、貧乏神がいるのだろうか?と気になりますよね。

しかも、「貧乏神って言うけど、人を貧乏にしてしまうのに、本当に神様なの?」と思ったりもします。

しかし、考え方を転換して貧乏神には使命があると過程すると、貧乏神が使命を果すことによって、ただの邪悪な負のエネルギーから「実は福の神だったのでは?」と、思えるようになります。

この記事では「貧乏神が福の神になっていただく方法」が、お分かりいただけます。

貧乏神に好かれるとこうなる

貧乏神は家に住み付く負のエネルギーそのものです。

貧乏神が喜ぶ場所は「物が多く」「換気もされていない」「光も入らない」というような場所です。

そういう場所は空気の入れ替えがなく、気の循環もされておらず、良い気も入ってこないので、負のエネルギーが溜まってしまいます。

貧乏神に好かれると、住んでいる人はエネルギーが奪われ、寝ても疲れが取れくなったり、やる気を失います。

よく、家の片づけをした後、体調を崩したり、運気が一時的に落ちるという話も聞きます。

頭痛や腹痛、体がだるくなったり、ついてない事が起きることがあるかもしれません。

これは、片付ける時、そこに停滞していた負のエネルギーに当てられたときや、部屋のエネルギーが変わって、それが自分に影響したときに起こります。

この場合は時間が経てば体調も戻り、運気も上がり始めます。

貧乏神に好かれない対策

スポンサーリンク

 

「お金持ちの家は物が少なく、お金に困っている人の家は物であふれている」という、話を聞いたことはありませんか?

これは良く言われている事ですが、ドラマでもお金持ちの家を表現するときは、物を少なくスッキリした空間にし、お金がないという設定の家は、部屋の中をわざと物を多くして演出します。

物であふれている家は、使わない物・いらない物で場所を取っています。

空間を多く作ることで、家の中で良いエネルギーが循環し、貧乏神は居心地が悪くなり出て行くしかなくなります。

今、家の中が物であふれている場合、次のような考え方では上手くいきません。

✓ 広い家に引っ越せば解決する

✓ 収納スペースをたくさん増やせば解決する

 

最初のうちはスッキリと見えますが、やがて物であふれ出します。

また、さらに広い家に引っ越しを繰り返しても、収納スペースを増やしても時間が経つと物であふれ始めてしまいます。

その繰り返しで、物はどんどん増えていきます。

これは、どうしてかというと、家に物が多い人は、物が減らせない思考になっているからです。

この考え方のクセを直していけば、物は減ります。

例えば
・ 家の中の使わない物・要らない物は「たぶん、いつか使う」と思ってしまってある
・ 壊れている物は「いつか、修理をする」
・ サイズの合わない服なら「いつか痩せたら着る」
・ 破れていたり、ボタンが取れていれば「いつか直そう」

そう思って、長い間放置していませんか?

その「いつか」は、ほぼ来ないと思ってください。

修理する気があれば、とっくに直しているからです。

痩せたら着ようと思って取ってある服は「1年以内に痩せなかったら捨てる」、

いつか修理しようと思っていた物は「1カ月以内に修理しなかったら捨てる」と決めないと、

「いつか、そのうち」という理由で取って置くものが、どんどん増え続けてしまいます。

もし捨てた後に、その「いつか」が来たとしても、それは逆にチャンスだと捉えてください。

その時の自分のステージにふさわしい良質な物に買い直せば、運気はさらにアップすることができます。

貧乏神のお役目

毛嫌いしたくなる貧乏神にもお役目があると考えると、たくさんの気付きを得ることができます。

貧乏神に好かれると収入が減ったり、体調が悪くなったり、ついていないことが起こったりします。

この世のものはすべてエネルギーで出来ています。

私たちの肉体も、家も物も、自然も、思考も全部周波数があり波動があります。

とても不思議な話になりますが、家も人もエネルギー同志なので意思疎通ができるようになります。

家との意思疎通なんて聞くと「え!?」と思われるかも知れませんが、これがまたとても面白い話なのです。

このお話はこちらでくわしくお伝えしています。

【風水】家がどうして欲しいのかが分かれば勝手に開運する

良かったら見てくださいね!

 

家に良いエネルギーを循環させれば、住んでいる人にも良い影響があり、運気を高めることができます。

しかし、家の中に不要な物が多くなると、良いエネルギーが循環できなくなり負のエネルギーが溜まりはじめます。

すると、貧乏神が現れて「エネルギーが循環してないよ!悪いエネルギーが溜まっているよ!」と私たちに分かりやすく、運気を落とす現象が現れ気付かせようとします。

これを貧乏神のお役目と考えます。

早い時点で気付いて、行動すれば運気はすぐに回復します。

気付かず、さらに不要な物が増えて行けば、もっと分かりやすく運気が落ちます。

そう思うと、貧乏神も「やっぱり神様かもしれない!」と思いませんか?

もし、使わない物・いらない物を捨てられないという人は、「まだ使えるのに、もったいない」とか、「物を大事にしないといけない」と思っているのかもしれません。

しかし、家の中でしまい込んだことも忘れて放置するのは、物を大切にしているという事ではありません。

気に入っている物は時々出して、触ったり、使ったり、眺めたりしますよね。

物の立場だったら、手入れをされて丁寧に扱ってもらう事で「大切にされているなあ」と、思うのではないでしょうか?

今、家の中にある不要なものは、お金を出してお店で買った物や、いただき物だと思います。

その前をたどれば、もともと地球のどこかにあった物で作られた物ですよね。

お役目が終わったら、地球に返してあげればいいのです。

きっと、捨てられない人は、ゴミ収集車で運ばれるのが、物に対する罪悪感として感じてしまうのかもしれません。

運ばれた後は、燃やされたり、埋め立てられたりします。

それは、大地に戻ると思ってください。

欲しいという人にあげたり、リサイクルショップに出すのも、もちろんアリです。

もし、ここまで聞いても、「そうは言ってもうちは狭いマンションで、家族で住んでいてどうにもならない!」という人もいるかもしれません。

しかし、世の中には、自分と同じ条件で住んでいて物を減らして住んでいる人が必ずいます。

今はSNSという便利なツールがあり、ブログやYouTubeでその様子をアップしている人がいます。

検索してみると、「なるほど!」と思える発見があると思います。

最後まであきらめず、自分と家族のために運気アップを目指して欲しいと思います。

まとめ

貧乏神は負のエネルギーのことで、貧乏神に好かれると運気が落ち、ついてないと思う現象が起こります。

もし、貧乏神に好かれてしまったと思ったら、貧乏神に好かれない対策をとることで、運気を上げて行くことができます。

家の中を良いエネルギーを循環させます。

家に中にある、いらない物・使わない物を「いつか使うかもしれない」と思って、しまってあることも忘れ、放置することは物を大切にしているとは言えません。

その「いつか」は来ないと思ってください。

とても気に入っていて、大切にとっておきたい物なら、ときどき出してあげて、お手入れをして、触ったり、眺めたり、使ってあげてください。

それが面倒と感じたり忘れてしまっているなら、今はそれほど気に入ってないのだと思います。

物を処分するときは捨てるのではなく、地球に返すと捉えると、気持ちがだいぶ楽になります。

地球に返すというのは、決して気休めではなく本当のことです。

また、物が家にあふれていて、広い家に引っ越したり、収納を多くすれば解決すると思っていると、上手くいきません。

考え方を変えなければ、同じことの繰り返しになります。

貧乏神は住む人に、いらない物・使わない物が多くて、良いエネルギーが循環できていない事を「運気が落ちる」という形で教えてくれるメッセンジャーです。

それに気付いて、いらない物・使わない物を処分すると、家の中に良いエネルギーが循環し運気が上がります。

すると、体調が良くなったり、臨時収入があったり、ついている事が起こり始めます。

貧乏神のメッセージに気付くことができれば、貧乏神は「実は福の神だった!」という事が言えます。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

あなたの人生がさらに良くなりますよう心からお祈りします。

 

スポンサーリンク