人間関係改善は良いエネルギーを循環させて現実化させる

以前、過去の記事で

家族の人間関係について

ご質問をいただきました

 

ブログに寄せられたご質問は

携帯のメールに表示されたときに

読ませてもらったのですが

 

ブログで確認したところ

申し訳ないことに

見つけられなかったんです

 

どこ探しても見当たりませんでした

 

こちら側の不具合かもしれませんし

もしかしたら

消されてしまったのかなとも

思いました

 

しかし、せっかく勇気を出して

書いてくださったのだと思い

動画の中でエネルギーをの視点で

解答させていただきます

 

人は変えられない

スポンサーリンク

 

今回の書き込みを

もしご自身で消されていた場合

そのまま読ませてもらうのも

申し訳ないので

 

すこし、濁してご紹介させていただきます

 

同じお悩みをお持ちの方の

何かのヒントになればいいなと思います

 

今回ご紹介させていただくのは

小姑と上手く行かないという問題についてです

 

いろいろなシチュエーションで

応用ができますので

後半ご紹介する方法を

頭の片隅に入れていただけると

お役に立てるのでははいかと思います

 

身内の人間関係の問題

スポンサーリンク

 
小姑さんは

言いたいことを言うタイプで

支配欲があるそうです

 

それに対して

質問者さんは意思表示が苦手とのことです

 

そして、揉めるのが嫌で

言う事を聞いてしまうことが多いのですが

耐えかねて自分の意見を言ってしまうこともあるそうです

 

向こう側から

ライバル視もされている気がして

毎日憂鬱です

上手くやっていく方法はありますか?

 

というメールをいただきました

 

この動画では本文を省略してご紹介しましたが

とても丁寧なお言葉で

分かりやすく書いていただきました

 

ありがとうございます

 

この、メッセージを読ませていただいて

質問者さんは平和主義の方で

優しい心の持ち主だと思いました

 

それなのに自分とは真逆のタイプの人からの

ストレスが相当強く

つらい毎日を過ごされていると感じました

 

そして

できれば会いたくないのに

会わなくて済む環境ではないということ

 

あまり自分に干渉してほしくない

という想いが伝わりました

 

もし、これが会社とか

大きな組織の中での話なら

なるべく関わらないようにする

工夫ができると思いますが

 

これが身内の話だと範囲が狭すぎて

なかなか関わらないという事が

難しいと思います

 

この小姑さんの場合

支配欲があるとの事で

質問者さんを自分の思い通りにしたいと

思っているようですね

 

これは

質問者さんを自分より下に置いておきたい

という気持ちが表れているのだと思います

 

一言で言えば承認欲求が強い方なのだと思います

 

対処方は

大きく分けて2つあると思っています

 

これはあくまでも

たくさんある中の一部の意見として

そういう考え方もあるんだなと

思っていただけるとうれしいです

 

右から左へ流す

ひとつは言われたことを

右から左に流す方法です

 

前回の

良いエネルギーを循環させて、逆パワハラを未然に防いだ話

という記事でも

お話させていただきましたが

相手の言葉を

真正面から受け取らないということです

 

自分に向けられた言葉に

悪意を感じた場合

 

その言葉には何の意味もないと思ってください

 

ただ、吠えているだけです

 

「ああ、犬が吠えてるな~」

「きっと、自分自身のことを言っているんだな~」と

遠くから見る気持ちになってみてください

 

質問者さんへ向けられた言葉ではなく

小姑さんの自分自身への苛立ちなんだと

捉えるといいです

 

相手の言葉に悪意があれば

その低いエネルギーは

そのまま相手に返っていきます

 

おそらく

今までも自分自身に

低いエネルギーが返っているから

物事が上手く行かなくなり

いつもイライラして

質問者さんに当たってくるのかもしれませんね

 

良いエネルギーを循環させる

もう一つの方法は

相手を褒めて良い人間関係を

再構築するという方法です

 

質問者さんには

小姑さんと上手くやりたい

という気持ちがあります

 

小姑さんの承認欲求を満たせてあげると

改善していくと思います

 

どうすればいいのというと

相手を褒めることで

自分から高い波動を出して

良いエネルギーを循環させていく方法です

 

もし、質問者さんが

そんなのこびへつらうみたいで

どうしても嫌だとか

 

あんな奴の褒めるところなんて

絶対に見つけられないし

褒めたくもない

というなら

真正面から受け止めず

受け流す方法がいいです

 

質問者さんは上手くやっていきたいという

気持ちがあるので

ここは相手より、うわてに出て

相手を褒めて良いエネルギーを循環させて

現実を変えて行く方法がいいと思います

 

ポイントは先に変えるのは自分です

 

小姑さんは承認欲求があるので

認めてもらいたいと思っていることが

あると思います

 

認めて欲しいことは

いつも言われいる言葉の中に

現れていると思うので

 

そこからくみ取って

褒めてあげればいいです

 

もし、何を認めてもらいたいのか

分からなければ

 

自分が言われてうれしいこと

自分が言われたいと思うことを

言えばいいと思います

 

スピリチュアル抜きで考えても

相手を認めて褒めることは

人間関係の改善をしていくうえで有効です

 

エネルギーの視点で言うと

良いエネルギーを循環させれば

小姑の関係にとどまらず

良いことがどんどん引き寄せられ

運気も上がって行きます

 

循環を起こすには

先に自分から良いエネルギーを

出し続けることが重要です

 

関係が近ければ近いほど

褒めることに恥ずかしさがあると思います

 

夫婦や兄弟・親子関係

そんな場合いきなり大きなことを言うのではなく

「その服いいね」とか

「今日のご飯おいしいね」とか

小さなことから褒めてみてください

 

続けていくうちに

「いつもありがとうね」というような

感謝の気持ちを

今は恥ずかしくて言えないことも

言えるようになります

 

人間関係で悩まれている方は

試してみてくださいね

 

すぐには変わらなくても

やり続けるうちに

必ず現実が変わり始めます

 

中には、やっても何も変わらない

という人がいるかもしれません

 

そう思ったときに

次にいう事を思い出してください

 

やっても何も変わりませんという人に

どのくらいやり続けましたか?と

聞いてみると

2~3日だったり

 

もっとひどいと

2~3回褒めてみましたが

何も変わりませんという人がいます

 

今まで低いエネルギーだったところに

高いエネルギーを回そうとするのですから

特にやり始めが大変に感じます

 

やり始めは

何のも効果感じられないので

すぐにやめたくなります

 

現実化するまではタイムラグがありますが

エネルギーは確実に変わり始めています

 

効果が表れる時期は人によります

人を褒めたり、感謝をしたり

良いエネルギーを出す量にもよるし

 

相手に対して

負の感情が深いほど時間もかかるかもしれません

 

何でもそうですが

0から1にするまでが一番しんどいのです

 

だけど、一度良いエネルギーが回り始めて

そのうえやり続けていれば

あとは、楽に加速していきます

 

あなたが自転車に乗っているところを

想像してみてください

 

発進する時の

ペダルはとても重いですよね

 

最初は力いっぱいこぎますが

一旦走り出してしまえば

動いている間は楽に進んでいきます

 

それと同じことです

 

このことを理解していれば

自分が望む以上の幸運を引き付けることも

十分可能です

 

ぜひ、試してみてくださいね

 

まとめ

人間関係を改善するには

2つの方法があります

 

ひとつは

人から言われたひどい言葉を

そのまま受け止めず受け流す方法

 

その言葉に悪意があれば

言葉には意味はないと捉え

「犬が吠えている」

「自分自身のことを言っているんだな~」と

遠くから見る気持ちでいることです

 

もう一つは

相手と上手くやっていきたいとき

自分がうわてになり

相手を褒めて認めてあげます

 

自分に向けられたきつい言葉が

相手の承認欲求からきていると分かれば

相手の承認欲求を満たしてあげる言葉を

投げかけてください

 

今まで負のエネルギーだった空間に

高いエネルギーの言葉をたくさん使って

良いエネルギーの循環を起こすのです

 

これは0から1にする作業で

良いエネルギーが循環が始まるまでは

大変に感じるかもしれません

 

ですが、一度良いエネルギーが回り始めて

そのうえやり続けていれば

あとは、楽に加速していきます

 

自分が望む以上の幸運を引き付けることも

夢ではありません

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう

心からお祈りしています

 

スポンサーリンク