口癖がセルフイメージを創る 自分への思い込みを変えるといいことが起き始める

あなたは無意識に

つい言ってしまう口癖ってありますか?

 

口癖を気にする人は

あまりいません

 

つい、ネガティブな言葉が癖になっていても

それほど気にしないと思います

 

ところが

この口癖を軽くみていると

自分が放った言葉が

自分の人生に大きく影響する

ことがあります

 

この記事をご覧いただきますと

・口癖を軽くみてはいけない

・口癖を変えるだけで現実が変わる

という事についてお分かりいただけます

 

ぜひ最後までお付き合いくださいね

 

自分の言葉を一番近くで聞いているのは自分

スポンサーリンク

 

あなたはつい言ってしまう

ネガティブな言葉が

口癖になっていることはないでしょうか?

 

良く言ってしまいがちな言葉を

例に挙げると

  • お金がない
  • 面倒くさい
  • 何かいいことないかな~
  • 時間がない
  • 疲れた

 

理不尽なことが多い社会で

人間関係のストレスのある中

 

つい、言いたくなる気持ちも分かります

 

きっと、心から出た

正直な言葉だと思います

 

しかし、口から声に出した言葉は音です

 

音には波動があり

エネルギーがあります

 

しかも、そのエネルギーは

一番近くで聞いている自分に

大きく影響していきます

 

口癖がセルフイメージを創る

スポンサーリンク

人は誰にでも

自分はこういう人間という

イメージがあります

 

例えば、私は内向的な性格で

人前に出るのが苦手な人間だとか

 

私って、なんか知らないけど

問題が起きても

いつもどうにかなっちゃうのよね

 

というように

自分のことに対して

ネガティブなイメージを持っている人や

ポジティブなイメージを持つ人

いろいろな人がいます

 

ですが、無意識を含め

おそらくほとんどの人は

ネガティブなイメージを

持っているのではないかと思います

 

ネガティブな口癖があると

それを聞いている自分自身は

「そうか、自分はそんな人間なのか・・・」

と、心の奥でそう思い込んでしまいます

 

心の奥底に落とし込んだ言葉は

潜在意識に入り

その言葉通りの現実になるように

行動してしまうのです

 

口癖によって

ネガティブな現実を引き寄せる人は

実は多いのです

 

自分が口癖になっていることは

やがて現実化すると思って

自分を下げる言葉は言わない方がいいです

 

どうせなら

自分を上げる言葉を口癖にして

良い出来事を現実化させた方がいいですよね

 

今日からネガティブな口癖をやめて

前向きな言葉を口癖にするといいです

 

具体的にどうすればいいのか言うと

私の場合、食事をするとき

「おいしい、幸せ~」を連呼しています

 

これには理由があって

良い出来事を引き寄せたいとき

感情が伴っていると現実化が早いのです

 

食べるときは、食欲を満たすので

「満たされた」という波動が出ます

 

良い波動が出ているときは

どんどん良い言葉を乗せていくといいです

 

食事がおいしかったら「幸せ~」と

声に出して言ってみてください

 

すると、満たされた周波数に共鳴した

満足する出来事や

幸せな出来事の引き寄せが早くなります

 

私はかつて

「疲れた~」という言葉が

口癖の時がありました

 

疲れたというほど

なぜか、ますます疲労していきます

 

そのことに気づいたのは

精神世界を勉強するようになってからです

 

この疲労は口癖が原因でないかと思い

そのときに「疲れた」という言葉は

言わない方がいいと強く感じました

 

私は動画のコメント欄で

みなさんに学ばせてもらう事がたくさんあります

 

本当にありがたいことです

 

皆さんのちょっとした体験も

私にとって深い学びになることが多くあります

 

私だけでなく

読んでいる他の人の気付きになることもあります

 

こうやって、お互い学び合う環境って

素晴らしいですね

 

今回もコメント欄で

「疲れる」は疲労という意味だけでなく

憑依の「憑かれる」という意味もあるよと

教えてくださった方がいます

 

道理で「疲れる」というほど

疲労するわけですよね!

 

憑依と言っても怖がる必要もなく

ただ、波動が低いエネルギーと

波長が合ってしまっただけです

 

こんな場合

波動の低い言葉を使って

波動を下げていたことに気づいたら

 

波動の高い言葉を使って

自分の波動を上げればいいだけです

 

低いエネルギー体が憑いたとしても

波動が変われば離れて行きます

 

例えば、疲れたと言いそうになったら

「がんばった!」と言うといいです

 

私は今でもつい「疲れた~」と

言ってしまうこともありますが

「今のは間違い、がんばった~!」と言い直しています

 

こんなふうに

ネガティブな口癖があるとしたら

その逆の言葉を口癖にすることは

セルフイメージを上げるうえでも

とても役に立ちます

 

セルフイメージとは

自分はこういう人間という思い込みのことで

人はセルフイメージ通りの人間になるようです

 

ネガティブな口癖をやめるだけでも

セルフイメージが上がります

 

言い方を変えると

人は口癖通りの人間になるのです

 

良い口癖を習慣にすると

過去の自分と比べ

満足の多い人生に変わったと感じるはずです

 

褒められたとき否定するのが謙遜ではない

口癖というと

こんなパターンもあります

 

日本には、人に褒められたとき

「そうなんです、私はすごいんです」というより

控えめに表現した方が美しいという

謙遜する美学があります

 

しかし、多くの人が

やってしまいがちなのですが

謙遜というのは

褒められたことを否定することではありません

 

例えば

いつもおしゃれで洋服のセンスもいいね!

と、褒められたとします

 

もし、あなたが謙遜するとしたら

何て言うでしょうか?

 

私は過去に

こんなふうに言っていたことがあります

 

「そんなことないですよー

私なんていつもセールで買った安い服ばかりで

全然おしゃれじゃないですよー」

 

謙遜のつもりですが

これでは、セルフイメージも運気も下がります

なぜかというと

この中には3つも愚痴が入っているんです

 

あなたは分かりましたか?

 

ひとつは

服に対して「まるで大した服でない」

ということを言っています

 

風水の視点でいうと

物は感謝して大事に扱えば

持つ人に運気を与えてくれます

 

これでは、

運気を上げてくれることはありませんよね

 

二つ目は

「所詮セールで買った」という意味の言葉です

例え、安くてもそんなことは

いちいち言わなくていいのです

 

定価で払う価値もないと

服に言っているようなものですよね

 

お金に対しても

定価だったら買わないと言うのは

たいして欲しかったわけではない

 

どうでもいい物にお金を使ったという

お金に対しても失礼な言葉で金運も下げます

 

この場合だったら

「素敵な服が安く買えたおかげで」という

言葉を使うと

金運や運気も上がります

 

三つ目は

センスが良いと褒めてくれたことを

否定しているところです

 

これは相手にとっても自分にとっても失礼です

 

相手には

「センスがあると言ったのはあなたの勘違い」

と言っているようなものだし

自分へも、センスがないと言っています

 

せっかく褒めてくれた相手も

これでは困ってしまいますよね

 

私は本当の謙虚というのは

否定するのではなく

相手が褒めてくれたことを喜び

同時に相手も立てることだと思います

 

例えば

「ありがとうございます

そう言っていただけてうれしいです

 

○○さんの服装を見て

いつも参考にさせてもらっているおかげです」

 

こんなふうに言えば

相手の言葉を否定せず

かつ自分を控えめに見せることができます

 

それに○○さんのおかげでという

相手を立てる言葉も入っていて

自分も相手も波動が上がる言葉になります

 

相手が褒めてくれたことを

否定するのが謙虚だと思っていると

 

それを聞いている自分は

そうか、安い服ばっかりで

私はセンス良くないんだ

と思い込んでしまい

 

セルフイメージも低くなります

 

怖いのは

人はセルフイメージ通りの

人間になってしまうというところです

 

逆に、褒めてくれた言葉を肯定することで

「そうか、私はセンスが良くておしゃれなんだ」と

思い込みが始まり

潜在意識に入れば

 

もっとセンス良く

もっとおしゃれになる現実になるように

行動してしまうのです

 

今回は服装を例に挙げましたが

褒められたこと全般で

当てはめてみてください

 

まとめ

スポンサーリンク

 

口癖は

自分が一番近くで聞いています

 

そのため

ネガティブな言葉が

口癖になっていると

セルフイメージを下げてしまうことになります

 

誰にでもは自分はこういう人間という

思い込みがあります

 

別の言い方をすると

自分はセルフイメージ通りに

行動していることになります

 

なので

ネガティブな口癖をやめて

前向きな言葉に変えるだけで

自分の行動が変わって行きます

 

行動が変われば

現実も変わって行きます

 

引き寄せの法則は

言葉に感情を乗せることで

早く現実化することができます

 

食べるときの満足感を利用して

食べながら「幸せ」「満足」などの

前向きな言葉を乗せる方法は

幸せを引き寄せるとても良い方法です

 

褒められたときも

謙遜が否定にならないように

相手を立てることで

自分を控えめに見せることができます

 

言葉を変えるだけで

セルフイメージを上げて

人生をよりよくすることは十分可能です

 

それだけでなく

運気を確実に上げる方法でもあります

 

ぜひ、望む人生を引き寄せてくださいね

 

あなたの人生がさらに良くなりますよう

心からお祈りします